更新日:2016年1月18日.全記事数:3,104件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

菊の花で尿酸値下がる?


スポンサードリンク

菊花ポリフェノール

「尿酸を下げる市販薬はありますか?」
そんなものはありません。と答えていましたが、わかもと製薬から「菊花ポリフェノール」なる商品が販売されていました。

プリン体ケアサプリメント わかもと菊花ポリフェノール
ドラッグストアの店頭に並んでいたので気になりました。

初めて聞いた。菊花ポリフェノール。
プリン体と戦う乳酸菌ヨーグルトというのもあるので、尿酸値の高い人向けのサプリメントにもレパートリーが増えています。
これらのプリン体ケアサプリメントには、どの程度効果があるのだろうか。

菊花ポリフェノールの働きとして、以下の2点が挙げられている。
①尿酸を作らせない
尿酸産生酵素の働きを阻害することで、尿酸の産生を抑制します。
②尿酸の排泄を助ける
尿酸排泄に関わる輸送体の遺伝子発現を増加させることで、尿酸の排泄を促進します。

①は尿酸合成阻害薬(ザイロリック、フェブリク)のような効果、②は尿酸排泄促進薬(ユリノーム、ベネシッド)のような効果ということだろうか。

私の住んでいる地方では、食用菊もあるので、それを食べると尿酸抑制になるということか。

菊そのものの解毒効果に関しては、株式会社ポーラの研究により、生体内の解毒物質「グルタチオン」の産生を高めることが発見されている。また、食用菊としては、日本大学薬学部・理学部 山形県衛生研究所により、発ガン効果の抑制・コレステロールの低下・中性脂肪を低下させる効果の研究結果が発表されている。栄養面では、ビタミンやミネラルが比較的に多く、特にβ-カロテンやビタミンC、葉酸をはじめとしたビタミンB群などの抗酸化作能力の高い栄養素を多く含む。さらに、紫菊花には抗糖化作用があるとされ、アンチエイジングの観点からも注目されている。食用菊 – Wikipedia

菊には解毒効果、発がん抑制、コレステロール低下、抗酸化作用、抗糖化作用など様々な働きがあるようだ。

「焼き肉2皿とビール2杯分のプリン体」による尿酸値の上昇を抑える、という。
食事とお酒を控えた方がよさそうだ。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
今日の勉強目次
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク