更新日:2017年3月13日.全記事数:3,089件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ミリステープは1日2回貼る?


スポンサードリンク

ニトログリセリン貼付剤の用法

ニトロダームとかフランドルテープが1日1回だから、大体テープ剤は1日1回貼るものだろう、と思い込んでいました。
しかしニトログリセリンの貼付剤のうちミリステープの用法は1日2回となっています。

ニトログリセリンの貼付剤の用法をまとめると、

ジドレンテープ27mg:通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして27mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
ニトロダームTTS25mg:通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして25mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
バソレーターテープ27mg:通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして27mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
ミニトロテープ:通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして27mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
メディトランステープ:通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして27mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。
なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。
ミリステープ5mg:通常、成人は1回1枚(ニトログリセリンとして5mg)を1日2回、12時間ごとに胸部、上腹部、背部、上腕部又は大腿部のいずれかに貼付する。なお、症状により適宜増減する。

ニトログリセリンの25mgと27mgの貼付剤は、1日1回。
ミリステープはニトログリセリン5mgの貼付剤で、他よりもニトログリセリン含有量が少ないので1日2回という用法になっている。

1回2枚に増量できるというのも意外でした。そのような処方に遭遇したことはない。

1日1回の製剤と1日2回の製剤であれば、1日1回のほうが便利である。
それでもミリステープを使うのは、適応症が違うことも関係していそうです。
他のニトログリセリン貼付剤が「狭心症」のみの適応に対して、ミリステープは「狭心症、急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)」と心不全の適応もある。

ちなみに、ニトログリセリンではなく硝酸イソソルビド製剤のフランドルテープの用法は、

「フランドルテープ:通常、成人に対し、1回1枚(硝酸イソソルビドとして40mg)を胸部、上腹部又は背部のいずれかに貼付する。貼付後24時間又は48時間ごとに貼りかえる。」
「1日1回」か「2日に1回」という使い方です。

ちなみにそれぞれの貼付剤で使用部位に若干の違いがあるが、胸部、上腹部、背部、上腕部、大腿部、腰部、いずれに貼っても問題ないと思われる。
即効性を期待するわけでもないし、血流に乗ればそれで良いだろう。
しかし、はがれやすい場所、汗をかきやすい場所は避けた方がいいだろう。大腿部ははがれやすそう。背中は寝てるとき汗かきそう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

添付文書(PMDA)
社会保険診療報酬支払基金
Minds医療情報サービス
薬剤師に役立つリンク集

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク