更新日:2015年10月29日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

糖尿病患者はのどが渇く?


スポンサードリンク

糖尿病患者の口渇

糖尿病患者の2人に1人がのどが渇くと訴えます。
尿中に糖が出ると浸透圧の上昇により水分の排泄が促進されるためです。

甘い飲料を多飲することで、糖尿病の悪化が懸念されるので、糖分を含まない飲料での水分補給を心がけます。

糖尿病患者はのどが渇く

糖尿病患者は血中と細胞内の浸透圧のバランスが崩れることにより脱水となるため、喉が渇きます。
水分は摂ってもかまいませんが、糖分やカロリーの少ないものにしてください。

ヒト体内の水分は、大きく細胞内液と細胞外液とに分けられます。
細胞内液とは細胞内に存在する水分、細胞外液とは血管内やリンパ、間質(細胞と細胞のすきま)に存在する水分です。

高血糖状態になると、血中の糖の濃度が高くなるため浸透圧が上昇します。
そのため、周囲の間質や細胞から水を取り込むようになります。

このような状態を「細胞内脱水」とよびます。
また、使われない糖は尿中に移行(尿糖陽性)しますが、腎糸球体でろ過されたろ液(原尿)の糖分が高いと浸透圧の関係で水分も原尿へ移行し、尿量が増加します(多尿)。

これらの現象が悪循環となり口渇が起こると考えられます。
このような症状は、空腹時血糖がおおよそ180mg/dLを超えると現れてくるようです。

そのようなわけで、血糖値が高いほど喉が渇くという症状が起こります。
水分摂取はかまいませんが、このような患者には水やお茶など、糖分やカロリーの少ないものを勧めるようにするのがベストです。

また、最近は各社からいろいろな「ゼロカロリー」飲料が販売されていますが、これらも完全にはゼロカロリーではないものがありますし、人工甘味料(ラカント、アスパルテームなど)や炭酸飲料は飲みすぎると下痢を起こす可能性もあります。
また人工甘味料は独特の甘さがあり、この味に慣れてしまうと、より甘いものを求めるようになるというデメリットも考えられますので、ほどほどにするよう指導し、経過を注意深く観察してください。

参考書籍:調剤と情報2011.8

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク