更新日:2016年9月7日.全記事数:3,104件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

肥満よりやせ過ぎのほうが危険?


スポンサードリンク

肥満よりもやせるほうが危険?

成人後に体重が増えた人よりも、減った人の方が死亡率が高いとの研究結果を、厚生労働省研究班が発表しました。

男性では体重が減った人は、変わらなかった人に比べ1・4倍総死亡率が高く、逆に体重が増えた人の死亡率は低かった。50、60代で体重が減った人は、がんや循環器疾患による死亡率が高くなっていた。
女性でも、体重が減った人は、変わらなかった人に比べ総死亡率が1・3倍高かったが、がん、循環器疾患による死亡と体重減の関連はみられなかった。

基本的には栄養の取りすぎよりも栄養不足で死亡するほうが多いのは当然だと思います。
病気になったから栄養不足になったのか、栄養不足だから病気になったのかはわかりませんが。

やせ過ぎの限界は?

拒食症の女優、イザベル・カロさんの写真を見たことがあります。

身長165センチ、体重わずか32キロ。

体重は最低何キロ必要なのか。

標準体重の70%以下では運動がきつくなり、65%以下では日常生活に支障がでます。胃腸機能も低下して自力で体重を増やすことができず、入院と栄養治療が必要になります。55%以下では重症の合併症を併発しやすくなり、生命危機にも陥ります。

身長165センチだと、標準体重は60キロ。

42キロは無いと、運動がきつい。

ダイエットで骨粗鬆症?

若い女性はやせ願望が強いので、無理なダイエットをすることがあります。

しかし、無理なダイエットは骨密度を低下させ、将来的に骨粗鬆症、骨折のリスクが高まります。

女性の骨密度の年間増加率が一番高いのは11~14歳で、この時期にいかに骨密度を高めるかがポイントと言われます。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
今日の勉強目次
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク