更新日:2016年9月15日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

お酢は体に良い?


スポンサーリンク

お酢の効能

お酢は体に良いと言われます。
体がやわらかくなるとか。それは嘘みたいですけど。

ドラッグストアでも健康食品関連で黒酢など売っているので、時折患者さんから聞かれる。

お酢の効能としては、
・疲労回復
・食欲増進
・カルシウム吸収の促進
・内臓脂肪の減少
・血糖値の上昇抑制
・血圧降下
などがある。

お酢に含まれる成分としては、酢酸、アミノ酸、糖分など。
酢酸は体内でクエン酸に変えられる。
そのため、クエン酸サイクルが活性化され、エネルギー産生が促進されて、疲労回復につながるという。

食欲増進効果は、その酸味によるもの。
血圧降下作用としては、お酢を使うことにより味付けとして塩分控えめに出来るという効果も期待できる。

お酢には、糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を緩和させる作用もある。
血糖値が急上昇するとインスリンが過剰に分泌される恐れがあり、それはすなわち、脂肪の合成を促すことにつながる。
つまりお酢によるダイエット効果も期待できる。
また、お酢に含まれる酢酸には血管を拡張させる作用があると考えられるため、血圧が高い人の血圧低下作用がある。

お酢の種類による違いはまず、アミノ酸含有量が挙げられる。
食酢100ミリリットル中のアミノ酸含有量は、
穀物酢:50~80mg
米酢:100mg
純米酢:100~150mg
黒酢:500~600mg
となっている。

アミノ酸とひとくくりに言っても、色んな種類があるのでアミノ酸たくさん摂れば良いってものでも無いかも知れませんが。
個人的には肉食えば良いじゃん、とも思う。
しかし、効率的に摂取できるという面ではダイエットサポートになるのかな。

食事の摂取量の多い人が健康のために黒酢ガバガバ飲むのは、栄養過剰になるだろうし、勧められない。

その他、お酢の種類にはレモン酢、リンゴ酢、バルサミコ酢、梅酢、もろみ酢など様々。
大きく分ければ果実酢と穀物酢。
果実酢にはクエン酸やビタミンが多く含まれるので、疲労回復効果や美容効果としてはこちらの方が良いだろう。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ