更新日:2017年1月22日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ハーボニーとPPIを併用しちゃダメ?


スポンサーリンク

ハーボニーと胃内pH

ハーボニーと制酸剤の併用は併用注意となっている。

ハーボニーの有効成分はレジパスビルとソホスブビル。
レジパスビルの溶解性は胃内pHの上昇により低下します。
そのため、胃内pHを上昇させる薬剤との併用ではレジパスビルの血漿中濃度が低下するおそれがあります。

薬剤名等
制酸剤
水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム等
臨床症状・措置方法
レジパスビルの血漿中濃度が低下し、レジパスビルの効果が減弱するおそれがある。
機序・危険因子
レジパスビルの溶解性は胃内pHの上昇により低下する。胃内pHを上昇させる薬剤との併用ではレジパスビルの血漿中濃度が低下する。

薬剤名等
H2受容体拮抗剤
ファモチジン等
臨床症状・措置方法
レジパスビルの血漿中濃度が低下し、レジパスビルの効果が減弱するおそれがある。本剤と併用する場合は、H2受容体拮抗剤を本剤と同時に投与又は本剤投与と12時間の間隔をあけて投与すること。
機序・危険因子
レジパスビルの溶解性は胃内pHの上昇により低下する。胃内pHを上昇させる薬剤との併用ではレジパスビルの血漿中濃度が低下する。

薬剤名等
プロトンポンプ阻害剤
オメプラゾール等
臨床症状・措置方法
レジパスビルの血漿中濃度が低下し、レジパスビルの効果が減弱するおそれがあるため、本剤投与前にプロトンポンプ阻害剤を投与しないこと。本剤と併用する場合は、プロトンポンプ阻害剤を空腹時に本剤と同時投与すること。
機序・危険因子
レジパスビルの溶解性は胃内pHの上昇により低下する。胃内pHを上昇させる薬剤との併用ではレジパスビルの血漿中濃度が低下する。

H2ブロッカーとハーボニーを併用する場合は、同時に投与するか、12時間の間隔を空けることとなっている。
ガスター1日2回朝夕食後とハーボニー1日1回朝食後で問題ないというわけだ。
ほぼ併用注意じゃねーじゃん。と思ってしまう。
ガスターの添付文書には、「胃内pHは、投与1時間後には4以上となり、12時間後まで5~6の範囲で推移した」と書かれている。

胃内pHの変化によって吸収も変化するような薬であっても、同時に服用するか、12時間間隔を空ければ吸収に影響は無いと考えて差し支えないというわけか?
ポリフル/コロネル、スオードなどとH2ブロッカーの相互作用も同様に考えてよいのだろうか。

PPIに関しても、空腹時に同時にハーボニーと服用すれば、胃内pHが上昇する前に吸収されるわけだ。
PPIの場合は、結構長く効きそうな気もするが、24時間後にはハーボニーの吸収に問題ないレベルに落ちていると考えてよいのだろう。

H2ブロッカーやPPIを服用している患者さんは多いので、ハーボニーと併用する際には、その用法に注意する必要がある。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ