更新日:2015年10月22日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

腱鞘炎は手術で治る?


スポンサードリンク

腱鞘炎の手術

手を使いすぎている人なんかがよく、「自分は腱鞘炎だ」と言うのをよく聞きますが、腱鞘炎とはどういう病気なのだろうか。
関節を動かすのは筋肉、
筋肉の力を四肢の先端に伝える紐状のものが腱、
腱は、腱の浮き上がりを抑える腱鞘というトンネルの中を通っている。
腱と腱鞘の間に起きた炎症を腱鞘炎という。

で、この腱鞘炎を治すにはどうすればよいか。
手の使い過ぎなんだから、休めばいい。とは言っても、仕事で手を使う人は休めない。
痛み止め、炎症止めを使って、腱鞘炎と付き合って生きていく。という人も多い。

しかし、一番の治療法としては手術。
腱鞘と神経の違いもよくわからない患者さんは、手術で治るのかどうか不安。
手術法としては、腱鞘を切開する方法。
切開しても大丈夫なのか?
切開するのは腱鞘の一部なので、手が動かなくなるということはない。
しかし、本来あるはずの腱鞘が働かなくなるので、握力や筋力の低下というのは起こり得る。
周囲の神経を傷付けて、しびれなどの後遺症を残す可能性もある。

医師と相談の上、納得して手術に臨みましょう。

生まれつきバネ指?

バネ指とは、手の腱鞘炎の一つです。
弾発指とも呼ばれる。
腱鞘に炎症が起きているので、指を伸ばすときに引っかかるような現象を生じることがある。その様がバネのようであるのでバネ指。

腱鞘炎の原因は、使い過ぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症です。

しかし、生まれつきのバネ指と言われる「剛直母指」という病気があります。

剛直母指はバネ指とは違い、腱鞘炎でも無いのですが、同じような症状が出るので生まれつきのバネ指と言われます。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク