更新日:2015年10月22日.全記事数:3,096件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

1単位の食事とは?


スポンサードリンク

糖尿病食の1単位とは?

糖尿病の患者さんに対する投薬中に、食事の話になると、「ご飯は何単位にしてる」とか具体的な話をされる場合がある。
「私は栄養士では無いので…」と心の中では思いながら、薬剤師の職能拡大のためには栄養指導も出来るようにならないとなあ、とも思う。

世間には「糖尿病」の為の食事として、色々な本が出版されています。その中でも「食品交換表」といって、一日に摂取する食物エネルギーを6つの食品群に分類し、1単位を80kcalとして1日のカロリー計算をし食事をするという方法があります。食品交換表

1単位=80kcal

人によって、ご飯を盛る量に違いはあるかと思いますが、私が通常食べる「ご飯1杯分」は大体150g。
ご飯の1単位は50gなので、1杯が3単位=240kcal摂っていることになる。

最近はおかわりすることもほとんどないので、毎食3単位としたら、ご飯だけで720kcalだ。
日本糖尿病学会は糖尿病の患者さんの食事療法において、食事に占める炭水化物の割合として50~60%を推奨している。
50%をご飯、それ以外をおかずと単純にしたら、あと720kcalをおかずにして、1日の総摂取カロリーは1440kcalだな。
少ないな。自分の場合は意外と食べていない。

しかし、ご飯だけの計算なら簡単ですが、おかずのそれぞれの品目ごとに食品交換表を見ながら計算するのはハードです。
食品交換表には写真もついているので、慣れてくれば大体のカロリー計算はできるのかもな。
そういえば、写真を撮ればカロリー計算してくれるアプリとかあった。ダイエット向けのアプリだったかと思いますが、精度次第では糖尿病にも使えそう。

食事に合わせてインスリンの量を調節する?

処方せんでインスリンが処方されるときには、朝○単位、昼○単位、夕○単位と指示されている。

患者さんから、「自己判断で、食事に合わせてインスリンの投与量を調節している」とか言われたことがありましたが、「医師の指示通りに使用しましょう」と言ったあと、食事量にあわせてインスリンの投与量を調節するというのは、理にかなった方法なんじゃないかとも思いました。

食事量を把握するために、カーボカウント法というやり方がある。

カーボは炭水化物、カウントは数える。
食事中の炭水化物を数えるやり方。

そのため、高くなった血糖に対症的に追加インスリンを患者が行なっても看護師が行なっても、スライディングスケールを使用することで血糖変動が大きくなって、かえって血糖コントロールが不十分になることが多かったのです。乱高下する血糖値に対応してもうまくいく訳がありません。乱高下しないようにするのです。すなわち、インスリンは高血糖を下げる薬と思わないことです。インスリンは血糖の上昇を防ぎ、一定の範囲に保つ薬なのです。体の中のインスリンはそのように働いています。体は食物のブドウ糖やアミノ酸を小腸で感知すると、素早くインクレチンを放出してインスリンを一次的に強く分泌して血糖上昇に備えます。更に血糖値が100mg/dlを超えればベータ細胞がインスリンを継続的に分泌します。血糖が上がってからの対応ではなく、常に前もって備えるから食後でも140mg/dlを超えることがありません。血糖値が上昇してからのインスリンの後打ちはもともと効果が不確実なのです。食前高血糖への対策は、食事を遅らせる、食事の炭水化物を減らす、食後のエクササイズなどがあり、補正インスリンだけではありません。旧スライディングスケールの難点はそれを無視して一律に追加インスリンを定めたことにありました。インスリン治療のスライディングスケールとは? [糖尿病] All About

不正確な方法で血糖値を乱高下させても、あまり意味のあるやり方ではないと。

強化インスリン療法の1,800ルールと500ルール [糖尿病] All About
1800ルールとか500ルールとかあるようですが、どのくらいの食事量でどのくらい血糖値が上がるのか、それを下げるための追加インスリン量はどのくらいなのか、患者が把握して使う必要があり、一朝一夕に求められるものではなく、医師との話し合いの中で数値を求める必要がある。

やはり患者の自己判断でインスリン投与量を食事量に合わせて変えるというのは、勧められないな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク