2019年2月19日更新.3,370記事.5,917,338文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

腎臓の悪い人はサラダを食べちゃダメ?

スポンサーリンク


カリウムと生野菜

野菜や果物にはカリウムがたくさん含まれています。

高血圧の人はカリウムを積極的に摂ることによって、血圧が下がります。
カリウムは、体内の余分なナトリウムを排出する作用があります。

なので、カリウムをたくさん含む野菜や果物を積極的に摂ることは良いことです。

しかし、腎臓の悪い人はカリウムを排泄することも難しくなり、体内にカリウムが蓄積されていくので、過剰摂取は危険です。
血液中のカリウム濃度が高くなりすぎると非常に危険で、不整脈が起きたり心臓が止まって突然死に至ることさえあります。

そのため腎機能の衰えてきた患者には、ケイキサレート、カリメート、アーガメイトゼリーなどのカリウム吸着剤、イオン交換樹脂が処方されたりします。

野菜を食べるときに、そのまま生で食べるよりも、煮たり茹でたりしたほうがカリウムの含有量は少なくなります。
カリウムは、水に溶ける性質があるので、水にさらしたり、ゆでこぼしたりすれば、調理前の1/3~2/3に減らすことができます。
人間の体内にあるカリウムは細胞内に多く含まれ、細胞外、血液中などにはナトリウムが多く含まれる。
植物も同じように、細胞内にカリウムが多く含まれるので、切り刻んで細胞膜を破壊した方が、カリウムの排泄を促すことができる。

カリウムは腎臓に悪い?

腎機能障害をもった患者さんに、カリウムやリン、タンパク質や塩分の摂取制限が行われます。

誤解する人もいますが、カリウムやリンが腎臓に悪いというわけではない。
タンパク質の老廃物は腎臓に負担をかけ、塩分は高血圧の原因にもなり腎臓に負担をかける。
しかし、カリウムやリンはそれ自体が腎臓に悪いというわけではない。カリウムやリンが腎臓から排泄されないことで、高カリウム血症、高リン血症になることが怖いのである。

スポンサーリンク

バルプロ酸と併用禁忌の抗菌薬は?

IMG_0670
薬剤師

バルプロ酸と併用するとバルプロ酸の血中濃度が極めて低くなり、痙攣発作を誘発することがあるため、禁忌となっている抗菌薬はどれか。
A. ファロペネム(ファロム)
B. テビペネム(オラペネム)
C. エリスロマイシン(エリスロシン)
D. レボフロキサシン(クラビット)
E. アモキシシリン(サワシリン)

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事(月間)


リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

SNS

検索


スポンサーリンク