更新日:2015年10月22日.全記事数:3,092件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

鼻をかむと髄液が漏れてくる?


スポンサードリンク

髄液鼻漏

頭部の術後に「鼻をかんではいけない」と指示されている患者さんがいた。

強く鼻をかむと、脳脊髄液が出てくるそうだ。

髄液漏の危険性
 頭蓋底髄膜腫の手術では術後に脳脊髄液が鼻から漏れ出す髄液鼻漏の問題があります.頭蓋内,および脊髄には脳脊髄液という無色透明の液体があって,くも膜と脳表面の間に存在し,正常の状態でおよそ150mlあります.髄膜腫の手術では腫瘍が硬膜(脳の最も外側の膜)に付着しているので,硬膜を含めて摘出します.そうすると,膜の欠損ができますが,通常,代用硬膜を用いて欠損部を補填します.しかし,水まわりの工事が難しいように,どうしても多少の漏れがでてきます.脳神経外科|横浜市西部病院

髄膜腫だったのかな。

髄液鼻漏
 小さい腫瘍では,この危険性はまずありません.大型の腫瘍では手術中の予防策を講じても,術後約10%前後の頻度で髄液鼻漏(脳脊髄液が鼻から漏れ出すこと)が起こります.治療はすでに述べたように,腰椎ドレナージを設置して保存的に観察します.髄液鼻漏の量が多い場合,あるいは1週以上持続する場合には再手術を行って,髄液漏れの場所を閉鎖しますが,このような再手術の確率は低く,私どもの200例以上の経験で,再手術を行った症例は2件です.1例は術後3週を経て,鼻をかんだ途端に髄液鼻漏が発生した例で,通常は鼻をかむような行為は極力避けるように指導しています(術後3ヶ月間).他の1例は,術後2年して,頭部外傷を契機に発症したものです.したがって,一般的な術後注意を遵守することによって,通常は回避できる合併症と考えられます.

腫瘍の大きさが大きければ、術野も大きくなるわけで、損傷部位も広がり、漏れ出てくるリスクも上がる。
術後3か月は鼻をかめない。

普通に行っている行為が出来なくなるもどかしさは経験しなければわからない。
花粉症シーズンとかだと、苦しいだろうな。
薬で鼻水止めると、逆に鼻をかみたくなりそう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク