更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ヘキザック水RとWの違いは?


スポンサードリンク

ヘキザック水

傷の消毒に、しみない消毒薬グルコン酸クロルヘキシジンはよく使われます。
皮膚科の門前にいたころはヒビディール消毒液0.05%がよく処方されていました。しかし、2015年6月ころに販売中止となったようです。

代替品としてヘキザック水などがあります。

ヘキザック水にはRとWがありますが、違いは以下のとおり。

ヘキザック水のRはRedの「R」を示しており、界面活性剤(ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル)と色素(赤色2号)が添加された赤色澄明の製剤です。
一方、WはWhiteの「W」を示しており、添加物は何も加えていない製剤です。 界面活性剤の添加の有無によりRとWでは適用範囲が異なります。W製剤には「結膜のうの洗浄・消毒 (0.05%以下)」および「産婦人科・泌尿器科における外陰・外性器の皮膚消毒(0.02%)」の適用がありますがR製剤にはございません。それ以外の適用は両製剤同じとなります。0.5%ヘキザック水R|よくある質問|製剤一覧|吉田製薬:製品情報

RはレッドのRで赤色色素が入っている。
なぜ?
誤飲や誤用を防ぐためには、色が入っていたほうが良いのかも知れない。
理由はわかりませんが。

ちなみにヘキザック水RとWは同じ薬価です。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

    まだデータがありません。

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク