更新日:2015年10月22日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

CYP3A4がらみの併用禁忌


スポンサーリンク

CYPと併用禁忌

併用禁忌は薬剤師として見逃してはならない監査項目である。

普段取り扱うことのない薬の場合、併用禁忌に対する知識が乏しい薬剤師も多い。私も人のことは言えない。
医師もまた然り。

併用禁忌といえば、よく聞くのがCYP(チトクロームP450)がらみの相互作用。
併用禁忌の代表格であるハルシオンとイトリゾールもCYP3A4が絡んでいる。

なので併用禁忌はまず、CYPで連想して覚える。

CYPがらみの代謝では、「CYPで代謝される薬」「CYPを増やす(誘導する)薬」「CYPを減らす(阻害する)薬」が存在する。それぞれを兼ね備えている薬もあるのでややこしくなる。

CYP3A4といえば、グレープフルーツジュース。
グレープフルーツジュースにはCYP3A4阻害作用がある。CYP3A4で代謝される薬の代謝を阻害し、体内に蓄積させる。
またセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)はCYP3A4誘導作用があり、CYP3A4で代謝される薬の代謝を亢進し、薬の効果が減弱する。

CYP3A4とアゾール系抗真菌薬

イトリゾールはCYP3A4の強い阻害薬なので、CYP3A4で代謝される薬物が代謝されず体に残ることとなるので、併用禁忌になる。
イトリゾール↔ハルシオン、オーラップ、硫酸キニジン、ベプリコール、リポバス、カルブロック、レザルタス、バイミカード、クリアミン、ジヒデルゴット、メテルギン、レビトラ、セララ、ロナセン、レバチオ、アドシルカ、イグザレルト、アデムパス

フロリードゲルも同様にCYP3A4の阻害薬。
フロリード↔ハルシオン、オーラップ、硫酸キニジン、リポバス、カルブロック、レザルタス、バイミカード、クリアミン、ジヒデルゴット、ロナセン、イグザレルト、スンベプラ
ジフルカンも同様にCYP3A4の阻害薬。
ジフルカン↔ハルシオン、オーラップ、硫酸キニジン、クリアミン、ジヒデルゴット
ブイフェンドも同様にCYP3A4の阻害薬。
ブイフェンド↔ハルシオン、オーラップ、硫酸キニジン、クリアミン、ジヒデルゴット

CYP3A4とブイフェンド

ブイフェンドは同時にCYP3A4で代謝される薬でもあるので、CYP3A4を誘導する薬との併用も禁忌となっている。
ブイフェンド↔リファンピシン、ミコブティン、テグレトール、バルビタール、フェノバルビタール

ブイフェンドの相互作用には、

本剤は、肝代謝酵素CYP2C19、2C9及び3A4で代謝され、CYP2C19、2C9及び3A4の阻害作用を有する(in vitro)。
CYP3Aに対する阻害作用は強い。

と書かれている。

ブイフェンドは自身がCYP3A4で代謝されるのに、そのCYP3A4を阻害する。
CYP2C19やCYP2C9でも代謝されるので、CYP3A4が働かなくても代謝への影響は薄いってことかな。
ブイフェンドの併用注意には、禁忌とされてもおかしくなさそうなほど血中濃度に影響を及ぼす薬が並ぶが、とりあえず禁忌と注意では見逃した時の責任の度合いが雲泥の差なので、禁忌の方を忘れずに覚える。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ