更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

モニラックで高アンモニア血症予防?


スポンサードリンク

モニラックシロップの効果

モニラックシロップというラクツロース、人工甘味料的な薬があります。

その効能効果は、

・高アンモニア血症に伴う下記症候の改善
精神神経障害、手指振戦、脳波異常
・産婦人科術後の排ガス・排便の促進
・小児における便秘の改善

となっている。

甘いものを食べたり飲んだりすると下痢をする。
なので、便秘によく使われる。浸透圧性の下剤というわけだ。

このラクツロースはラクトース(乳糖)と名前が似ていますが、構造的にも似ている。
ガラクトースとグルコース(ブドウ糖)がくっついてラクトースになっています。
ガラクトースとフルクトース(果糖)がくっついてラクツロースになっている。
ちなみに砂糖(スクロース)はグルコースとフルクトースがくっついて構成されている。

乳酸菌とアンモニア

「高アンモニア血症に伴う下記症候の改善」という適応症があるのは、以下のような作用機序による。

ラクツロース(モニラック)は、分解・吸収されることなく下部消化管まで達し、ここで乳酸菌により分解され、乳酸菌の栄養分となる。
乳酸菌は乳酸、酢酸などの酸を産生し、腸管内のpHを下げる。
低pH環境下では、アンモニア産生菌の発育が阻害される上、腸管からのアンモニア吸収が阻害されることも知られている。

じゃあ、ビオフェルミンやラックビーのような乳酸菌製剤を投与したほうがダイレクトに効くんじゃないかとも思いますが、それら乳酸菌製剤に「高アンモニア血症」という適応症は無い。適応が無くても処方されることはありますが。
乳酸菌そのものよりも、乳酸菌のエサ(ラクツロース、オリゴ糖)のほうが重要なのかも知れない。
排便が滞れば、腸内環境は悪化し、アンモニアも発生しやすい状況になるので、瀉下作用も重要なのだろう。

参考書籍:日経DIクイズベストセレクションSTANDARD篇

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

    まだデータがありません。

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク