更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

漢方薬と利尿剤を併用しちゃダメ?


スポンサードリンク

偽アルドステロン症予防にアルダクトンA?

アルダクトンAの適応症に「原発性アルドステロン症」がありますが、偽アルドステロン症の予防目的で使われることもある。

甘草を含む漢方薬には、甘草の主要有効成分であるグリチルリチン酸により、低カリウム血症を伴う高血圧(偽アルドステロン症)を来すことがある。
ラシックスなどのループ利尿薬や、サイアザイド系利尿薬にも低カリウム血症のリスクがあります。

甘草を含む漢方薬を処方する場合は、利尿薬を低カリウム血症の恐れが少ないアルダクトンAなどのカリウム保持性利尿薬に変更するケースが多い。

高血圧の人は漢方薬飲んじゃダメ?

甘草を含む漢方薬の重大な副作用の項目には「偽アルドステロン症」という副作用が載っている。

アルドステロンといえば、高血圧の原因物質。
選択的アルドステロンブロッカーのセララは、高血圧の薬。

甘草の成分グリチルリチンは、ステロイド骨格を持ち、ミネラルコルチコイド(アルドステロン)と似たような働きを示す。
つまり、甘草を飲むと、高血圧みたいな症状になる。

高血圧の人が漢方薬を連用するのは止めたほうがいいかも。

でも、多少血圧が上がるくらいならまだいい。
それより怖いのは、低カリウム血症。

アルドステロンにはカリウム排泄作用もあるため。
低カリウム血症が重度になれば、不整脈、筋痙攣、麻痺、呼吸不全、命に関わる重篤な副作用ともなりうる。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク