更新日:2016年12月21日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

COPDに使えるアドエアは250ディスカスだけ?


スポンサーリンク

アドエアとCOPD

アドエアの効能効果は、

気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合)

気管支喘息だけでなく、COPDにも適応があります。

しかし、添付文書に以下のように書かれている。

ディスカス:100
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):-

ディスカス:250
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○

ディスカス:500
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):-

エアゾール:50
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):-

エアゾール:125
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○

エアゾール:250
気管支喘息(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):○
慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド剤及び長時間作動型吸入β2刺激剤の併用が必要な場合):-

○:効能あり、-:効能なし

とっても見にくいですが、簡単に言えば、全ての製剤で気管支喘息には適応がありますが、COPDに対してはアドエア250ディスカスとアドエア125エアゾールしか適応がありませんよ、ということ。

アドエア100ディスカス=アドエア50エアゾール
アドエア250ディスカス=アドエア125エアゾール
アドエア500ディスカス=アドエア250エアゾール
という対応もわかりづらいです。
アドエア250ディスカスの代わりにアドエア250エアゾールが間違えて処方されることもあります。
アドエア250エアゾールを1回1吸入で使えば同じなんでしょうけど。保険請求上では問題となる。

慢性閉塞性肺疾患に対して国内で承認されている製剤は、ディスカス製剤ではアドエア250ディスカスのみ、エアゾール製剤ではアドエア125エアゾールのみである。

しかし、COPDと思われる患者にアドエア500ディスカスが処方されていたとしても、薬剤師的には、
「効くだろうから、良いんじゃね」「病名わかんねーし」「レセプト病名書いてるかも知れねーし」
という程度で、ほぼスルーだろう。

薬剤師でも、処方箋単価の高い薬局で個別指導に戦々恐々としている管理薬剤師以外は、適応外処方に対して、医師以上に無関心という気がする。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ