更新日:2015年10月22日.全記事数:3,130件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

メルカゾールは半割不可?


スポンサードリンク

メルカゾールの半錠分割

割線の無い錠剤の半割作業。
粉砕に負けず劣らず面倒な作業です。

割線のある錠剤なら簡単にパキッっといけますが。

しかし、薬局における調剤の苦労など全く無関心でおられるお医者様方は、割線のあるなしに関わらず半割処方を繰り出してくるわけです。

特に最強に難しい半割は、メルカゾールの半錠。
糖衣錠なので糖衣がはがれやすく、丸みがあるので中心で割りにくく崩れやすいという、薬剤師泣かせの錠剤であります。

調剤内規で、メルカゾールの半錠は全て粉砕、としている薬局もあるようですが、我々の内規には特に規定はない。
新患でメルカゾールの半錠という処方がきたら、「多少のロスは覚悟の上、半錠とすべきか、糖衣錠だが粉砕して患者に苦味を我慢してもらうか…」などなど考え、結局は薬局長任せにします。

メルカゾール錠を上手に半割するコツが「調剤と情報2012.7」に書いてありました。
①まず錠剤の中心にある刻印を割線ラインとみなして、半錠バサミの先の方に錠剤をはさみます。
②次にぐっと力を入れたら、そのまま力を抜かずにハサミの奥までスライドさせます。
③そして最後に力を一気に入れてカットします。
あらかじめ割線同様の筋をつけてからカットする要領です。

これでも成功率100%というのは難しいので、経営者的には粉砕がベターか。1錠9.6円なら気にしないだろうけど。

アーチスト錠10mgだと割線があるのに、ジェネリックのカルベジロール錠10mgだと割線がない、なんてものも見られます。
つまりアーチスト錠10mgの0.5錠という処方をジェネリックに変えると同等性が担保できないので変更すべきではない、なーんて考え方もできるわけです。GEメーカーさんなんとかしてください。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク