更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

食道から声を出す?


スポンサーリンク

食道発声法

喉頭がんによる声帯の摘出を行った歌手のつんくがらみの報道で、食道から発生する方法というのを初めて知りました。

空気を飲み込んで食道の中にため、これを吐き出して声にします。
ゲップの要領で声を作るわけです。

なんか臭そう。とも思いますが、その程度のことを気にしてはいられない。

永久気管孔

喉頭がんなどで喉頭、気道の出入り口を取り除いた患者がどのようにして呼吸を行っているのか、気になります。

のどのあたりから直接「永久気管孔」という穴をあけて、呼吸をしているそうです。
気管から咽頭をつないで、人工喉頭みたいにできないのかなあ、と思って「人工喉頭」で検索したら想像とは違うものが検索されました。
マイボイス(電動式人工喉頭)|医療・介護|個人のお客さま|防犯対策・セキュリティのセコム
食道発声法では、練習をしすぎるとカニューレ(気道の確保のため気管孔に挿入する筒)の動揺によって気管孔が刺激されて痛むようで、この人工喉頭を使ったほうが楽らしい。

口から入ったものを、食事は胃に、空気は肺に届けるように振り分けるという作業は、機械で行うのは難しそう。

永久気管孔を作った場合と通常鼻から呼吸する場合との違いについて

1.首に穴があいたままになります。
2.空気が直接、気管、気管支、肺に入ります。
鼻や口で補われていた湿度が不足し、痰がかたくなります。
空気を直接吸い込むため、ごみが入りやすくなります。
乾燥した空気やごみの刺激のため、痰の量が多くなります。
3.気管孔から水が入ると直接肺に入ってしまいます。
大量に入ると溺れた時と同じ状態になってしまいます。
お風呂に肩までつかれなかったり、水泳ができなくなります。
4.声帯がないので声が出せなくなります。
5.鼻や口から呼吸をすることができなくなるので食生活が変化します。
嗅覚がほとんどなくなり、においをかぐことができなくなります。
熱い物に息を吹きかけて冷ますことができなくなります。
すすり込んで食べたり飲んだりすることができなくなります。
6.その他におきること
鼻や口を閉じて力むことができなくなります。
鼻がかめなくなります。永久気管孔(永久気管瘻):[がん情報サービス]cite>

口や鼻から空気が取り込めない、という状況を想像したこともなかったので、少々ショッキング。

声が出せない、ということだけではない。
絡んだ痰を口からは出せない。
鼻がかめない。
お風呂に肩までつかれない。
プールに入れない。
においを嗅げない。

これらの当たり前にできる動作が突然できなくなると思うと、どれだけのストレスになるのか想像に難い。

スポンサーリンク

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク