更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

アルタットは徐放カプセル?


スポンサードリンク

ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル

先日一般名処方の処方せんを受けて、初めてアルタットが徐放カプセルであることを知った。

アルタットの一般名は、ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩徐放カプセル。

しかし、アルタットも消化性潰瘍に対して1日2回という飲み方で、ガスターやザンタックと変わらないし、全く徐放というイメージがない。
あんまし処方見たこと無いけど。

「CR]とか「SR」とか「L」とか付いていると徐放かな?って思いますが、知らない薬だとわからない。

徐放製剤

徐放ってわかりにくそうな徐放製剤を調べてみる。

インヴェガ錠
エブランチルカプセル
MSコンチン錠
オキシコンチン錠
グラセプターカプセル
ケタスカプセル
コンサータ錠
スローケー錠
スロ-ビッド錠
タペンタ錠
ダレンカプセル
テオドール錠
ディレグラ配合錠
デトルシトールカプセル
トクレススパンスールカプセル
トビエース錠
ハルナールD錠
パシーフカプセル
フェルムカプセル
フェロ・グラデュメット錠
フランドル錠
ベタニス錠
レグナイト錠
レミカットカプセル

「スロー」なんとかってのもわかりやすいかな。

ケタスとか1日3回の用法で徐放かよ、と思いますが。

粉砕や脱カプセルの指示があるときくらいしか、徐放かどうか知らなくても調剤時に問題になることは無さそうですが、患者が勝手に粉砕・脱カプセルをしていることもあるので、徐放製剤の投薬時には注意が必要。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン