更新日:2017年2月3日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

バラの香りがする目薬?


スポンサーリンク

目薬の香り

バラの香り付きの目薬なるものがあるという話を聞き、調べてみました。

お化粧くずれにも配慮した点眼しやすいノズルを採用、
ほのかなローズの香りのさし心地も実現しました。製品紹介|参天製薬サンテ ボーティエ

香水みたいなデザイン。高級感あふれる。

アンチエイジングを謳っており、中高年女性向けといった感じの目薬です。

しかし成分としては真新しいものは無く、
タウリン:目のターンオーバー(組織代謝)を促進します。
ビタミンB12(シアノコバラミン):毛様体筋のはたらきを活発にし、目の疲れを癒します。
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜を保護・保湿し、涙の蒸発防止作用により、目にうるおいを与えます。
塩酸テトラヒドロゾリン:結膜(白目の部分)の充血をケアします。
クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンのはたらきを抑え、目の炎症・かゆみを抑えます。

目の充血が取れて、キレイに見えるということだろうか。

この目薬以外にも、ロートリセにはベルガモット油が配合されており、良い香りがする。

良い香りが付いていると目薬のコンプライアンスが向上するのでしょうか。
臭い目薬よりは良いだろうけど。
血管収縮薬とか連用すべきでは無いので、サンテボーティエについてはコンプライアンス高めてもしょうがない。

緑内障の目薬とかに香りを付けて販売したらどうなるのだろうか。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク