更新日:2016年11月9日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ロキソプロフェンナトリウムテープ「タイホウ」を変更調剤しちゃダメ?


スポンサードリンク

ロキソプロフェンナトリウムテープの温感タイプ

ロキソプロフェンナトリウムテープ「タイホウ」の処方を受けたときに、ふつうに他のジェネリックを使おうとしてしまいました。

患者さんから「温かい貼り薬を出すって言ってた」という言葉を聞いて、「ハッ」と気付きました。

ロキソプロフェンテープ「タイホウ」は温湿布だったのです。

ロキソプロフェンテープのジェネリックで、温感タイプは「タイホウ」だけ。(と思っていましたが、ロキソプロフェンテープ「三友」もノニル酸ワニリルアミドが配合されているので温感ぽい)
処方医の意図としては、ロキソプロフェンテープ「タイホウ」を調剤しろ、という意図と同意。

患者の同意さえ得られれば、冷感タイプの他のジェネリックを使っても問題は無いものと思われますが。
医師の処方意図を考えると、なかなか変更しづらい。
同じように、冷感タイプであるロキソニンテープの処方に対して、温感タイプの「タイホウ」を変更調剤することは、医師の処方意図に反するかも知れません。

ちなみに、セルタッチの温感タイプには、フェルナビオンテープがあります。
ゼポラスやアドフィードの温感タイプには、フルルバンパップフェルナビオンパップがあります。
イドメシンの温感タイプには、ラクティオンパップがあります。
モーラスの温感タイプは、、、ありません。

湿布の温感と非温感には気を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク