更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

混合は薬剤師の判断で行って良いか?


スポンサードリンク

混ぜるか混ぜないか?

処方箋を見て、

ケース1
RP1.○○散
   ○○細粒
   ○○DS
   1日3回毎食後 4日分

と書かれていたら、全て混ぜる。

ケース2
RP1.○○散
   ○○細粒
   1日3回毎食後 4日分
RP2.○○細粒
   ○○DS
   1日3回毎食後 4日分

と書かれていたら、RP1とRP2は別々に混ぜてお渡しする。

という判断をしている。

しかし、そうしなければならないという理由はなく、RP1とRP2を混ぜても薬学的に問題が無く、処方医の意図も特に無いことが確認できればRP1とRP2を混ぜてお渡ししても差し支えない。
恐らくRP1とRP2を別々にしたいという意図が処方医にあるんだろうなあ、と推察して調剤をしている。
このようにすべきという統一したルールがあるわけではない。

そのため、薬剤師によって判断が分かれることもある。
抗生剤は別にしたほうが良いとか。
医療機関との話し合いで決められたルールもあるだろう。
患者が飲み分けしているという場合もあるので、個別の患者での取り決めがあることもある。

計量混合加算の算定要件には、
「計量混合調剤は、医薬品の特性を十分理解し、薬学的に問題ないと判断される場合に限り行うこと。」
と書かれている。

基本的に計量混合加算が取りたいと思っている薬剤師は、一緒に混ぜて調剤する。
しかし、分包品しか在庫が無い、という場合は開封して調剤するのも面倒なので、混合せずに分包品をそのまま渡す。
「面倒」というと語弊がある。開封して調剤することによる劣化を防ぐ、というのも薬学的判断。

計量混合加算について、ケース2の場合、用法も日数も同じなので2つの分包品を作っても1回しか加算は算定できない。

計量混合の手間賃については、納得がいかないことも多い。
軟膏の混合については手間がかかることに異論はない。
しかし、粉の混合については、混合ということよりも、粉を分包するという行為自体に手間がかかっているわけで、混合するか否かはあまり問題ではない。
1枚の処方せんに何種類も散剤が書かれていて、それぞれ混合しなかったとしても、かなりの手間がかかる。

おしまい。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン