更新日:2016年12月21日.全記事数:3,089件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ディフェリンゲル10gで疑義照会すべきか?


スポンサードリンク

外用薬の量

ディフェリンゲルは1本15gである。

ディフェリンゲル 10g
1日1回塗布

という処方せんがもし来たら、疑義照会するだろう。
しかし、よく考えたら、何の疑義だ?とも思う。

アズノール軟膏のチューブは1本20gだ。
でも、アズノール軟膏 10g という処方はたまに来る。
私は疑義照会などせずに黙々と容器に詰める。

ユベラ軟膏は1本56gだ。
ユベラ軟膏 10gという処方が来ても、黙々と容器に詰める。
ユベラ軟膏 50gという処方が来たらイラっとするが、それでも疑義照会などせずに、黙々と容器に詰める。
医師が外用薬の1本の量を把握しているのかどうかよくわかりませんが。

タリビッド眼軟膏は1本3.5gだ。
タリビッド眼軟膏 3.0gという処方が来たら、さすがに疑義照会する。
これは眼軟膏だから。
眼軟膏の基本的な使い方は、チューブから直接結膜嚢に入れる使い方だから。
1本5mLの目薬が2.5mLで処方されていても同様に疑義照会する。

ここまで考えて、アズノールやユベラで疑義照会しないのは、バラ包装があるからじゃないか?と個人的に納得のいきそうな回答が得られそうになる。
しかし、イドメシンコーワゲル 10g という処方がきても疑義照会しないような気がする。
医薬品の安定性、容器に詰めかえることによる汚染リスクなどを考えた場合、チューブ製品がある外用剤についてはチューブの用量で処方してもらうように疑義照会したほうが良いのかどうか。

ディフェリンゲルは1本2週間分?

ディフェリンゲルは1本15g。
「国内臨床試験の結果,15gが被験者の95%において2週間分の使用量に相当したため,容量は15gとしました。」
とメーカーのホームページに書かれていた。
1日1回の用法なので、1日1グラムくらい使うということか。

1FTU=0.5gで、両手のひら分塗れるわけだから、顔全体に塗布するには0.5gで十分な気もします。

スポンサードリンク

コメント

  1. 顎もあるだろう。(;´Д`A。。。。何見て仕事してんだって思いたくなる気がしてならないけども
    観客のいない1人劇場のあり方の参考になります!!
    これからも頑張ってください。

    名無し:2017/3/18

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク