更新日:2015年11月21日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

プリン体の食事制限は必要無い?


スポンサードリンク

高尿酸血症のプリン体制限は不要?

従来は高尿酸血症の患者ではプリン体を制限するために、プリン体含有量の多い食品の摂取が禁じられていました。

しかし、最近では尿酸代謝の解明が進み、食事から摂取する外因性プリン体よりも、体の中で作られる内因性プリン体のほうが2~3倍多いことが判明しました。

このため、プリン体を多量に摂取しても尿酸値への影響はさほど大きくないと考えられています。

しかし、内因性のプリン体はエネルギー伝達物質であるATPを合成する際に再利用されるのに対し、食物由来のプリン体はほとんど利用されないことも知られており、やはり食事由来のプリン体摂取は控えるべきという基本的な考えは変わっていません。

プリン体の食事制限は必要無い?

高尿酸血症の食事に関して、厳格なプリン体の制限は必要とされないことが多いようですが、プリン体を含む食品の摂取は控えることが勧められています。

ガイドラインの中では、100g中にプリン体を200mg以上含むものは高プリン食(レバー、干物、乾物など)とされ、1日のプリン体の摂取量は400mg以上とならないようにすることが実際的とされています。

また、高尿酸血症というとプリン体に関心が集まりがちですが、より重要なのは、摂取エネルギーの適正化を図り、肥満を解消・予防することにあります。

アルコールの摂取は、肝臓のアルコール代謝系の亢進によるエネルギー消費の増大により内因性のプリン体の分解を促進し、血清尿酸値を上昇させます。

さらにアルコールによる有機酸の増加は、尿細管での尿酸の再吸収を増加させ、排泄を抑制します。

ビールはプリン体の含有量が多く、よく問題とされますが、それ以外のアルコールに対しても摂取を制限することが必要で、ガイドラインの中では、日本酒1合、ビール500mL、ウイスキーダブル1杯、禁酒日2日/週以上が摂取の目安とされています。

プリン体はプリンに多く含まれる?

プリン体というとお菓子のプリンをイメージしてしまいます。
そのため、痛風患者はプリンを食べてはいけない、と誤解する人もいます。

お菓子のプリンは正式には「プディング」なので別物です。
プディングの材料は主に牛乳と卵と砂糖ですが、いずれもプリン体の少ない食材です。

卵とプリン体

プリン体は細胞の核酸に含まれています。
したがって、細胞数の多いレバーなどの内臓には、その分プリン体が多く含まれています。

鶏卵は1個の細胞なので、プリン体は少ないです。
野菜や果物も細胞はありますが、肉や魚に比べ水分を多く含むので、その分プリン体が少ないです。

高尿酸血症の食事療法

・食事
尿酸はプリン代謝の最終産物であるため、1日の摂取量が400mgを超えないようにする。
食品100gあたりプリン体を200mg以上含むものを高プリン食と呼び、動物の内臓、魚の干物、乾物などがある。
野菜・海草類は尿をアルカリ化するため摂るようにする。

・水分
尿中の尿酸濃度を低下させるために、1日2000mLの尿量を確保するように十分に水分を摂取する。
ただし、肝・腎・心疾患などで水分摂取に制限のある場合には注意する必要があり、医師の指示を確認する。

・飲酒
アルコール飲料は血清尿酸値を上昇させる作用があるため、酒類を問わず過剰摂取は慎む。
中でもビールはプリン体を多く含むため控える。
血清尿酸値への影響は、日本酒1合、またはビール500mL、またはウイスキー60mL程度より現れると考えられる。

参考書籍:調剤と情報2009.3

飲酒と尿酸値

飲酒による尿酸値の上昇には、ビールや日本酒などに含有されるプリン体だけでなく、二次的な尿酸上昇による腎尿酸分泌阻害も関与している。
高尿酸血症治療薬を服用中の患者には、飲酒する場合は適量を厳守するよう指導する。
ベンズブロマロン(ユリノーム)では、肝毒性を誘発する可能性が高まるため、特に注意が必要である。

参考書籍;日経DI2014.4

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク