更新日:2017年8月26日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

脂肪酸の長さは短いほうが体に良い?


スポンサードリンク

脂肪酸の長さは短い方が体に良い?

脂肪酸とは、脂質の構成成分です。

中鎖脂肪酸とか長鎖脂肪酸、飽和脂肪酸に不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸など、脂肪酸にもいろいろありますが。

飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸のほうが体に良い。
トランス脂肪酸は体に悪い。
長鎖脂肪酸よりも中鎖脂肪酸のほうが体に良い。

といったイメージがあります。

炭素数2~4個のものを短鎖脂肪酸(低級脂肪酸)、5~12個のものを中鎖脂肪酸、12個以上の炭素数のものを長鎖脂肪酸(高級脂肪酸)と呼びます。
炭素数が短いほうが、分解されやすく、エネルギーになりやすいということで、体には良い。
なので、中鎖脂肪酸が体に良いと取りざたされているわけだ。
中鎖よりも、もっと短い短鎖脂肪酸のほうが体に良いんじゃないかと思ったりするけど、お酢に含まれる酢酸も短鎖脂肪酸だと言われると、短鎖脂肪酸って何だろう?とわからなくなる。

体重を減らす脂肪?

MCT(Medium Chain Triglycerides:中鎖脂肪酸トリグリセリド)は、ココナツオイル、パーム核油、牛乳、母乳などに含まれる炭素数が6~12の中鎖脂肪酸からなる中鎖脂肪です。

MCTの特徴は、膵リパーゼや胆汁酸がなくても消化され、小腸より吸収後、再合成されることなく脂肪酸のまま門脈経由で肝臓に運ばれることです。

中鎖脂肪酸は、肝臓では蓄積されることなく、エネルギーとして効率よく燃焼します。

このことから、エネルギーとして利用するMCTは、脂肪ながら体重を減らします。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク