更新日:2015年10月22日.全記事数:3,124件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

冷所保存の貼り薬?


スポンサードリンク

メノエイドコンビパッチは冷蔵庫にある?

処方を見たことがないので、不勉強でしたが、メノエイドコンビパッチという貼り薬は冷所保存らしい。

「貯法 2~8℃保存」となっている。
貼り薬で冷所保存というのは初めて見た。

エストラーナやフェミエストと同じように室温保管と思い込んだらダメ。
・・・と調べ中にフェミエストが販売中止になっていたことを知る。ちょっと処方を見ないと、知らぬ間に販売中止になっている。

話を戻して、エストラーナは室温保存で良いわけなので、メノエイドコンビパッチの成分中のエストラジオールに関しては室温保存で問題ないわけだ。
じゃあ、酢酸ノルエチステロンのほうが犯人?でもノアルテンとかルナベルとか別に冷所じゃないし。酢酸基が問題なのかな。
まあ、ホルモン剤を経皮吸収させる際に施した加工が不安定にさせているのだろう。

ちなみに、未開封の状態なら室温でも1カ月まで安定であることが確認されている。
インタビューフォームの加速試験で1か月まで安定と書かれている。
長期処方される患者さんには冷所保管であることを伝えるように。

メノエイドコンビパッチは冷所保存?

長期に保存する場合は冷所での保存が必要です。
やむなく冷所で保存できないときは、短い期間(数時間の持ち運びや、数日間の短期旅行など)であれば、パウチ包装のまま直射日光を避けて、なるべく涼しいところで保管するようにしてください。

メノエイドコンビパッチは冷所保存であるため、使用するまでは開封せずに保管用アルミ袋に入れて冷蔵庫(2~8℃)に保管する。
薬品に添付される製品保管用のアルミ袋は、持ち歩く時や冷蔵庫内で保管する際に、食品などと区別をするためのものであり、必ず使用しなければならないものではない。
従って、あやまってアルミ袋に入れ忘れてしまっても、製品の品質上特に問題は無い。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

    まだデータがありません。

最新の記事

ランダム記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク