2019年3月22日更新.3,398記事.5,982,483文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

SGLT2阻害薬は朝飲まなきゃダメ?

スポンサーリンク


SGLT2阻害薬の用法は?

続々とSGLT2阻害薬が発売されているようですが。
あまり処方をみかけないので、一番手のスーグラくらいしか名前でピンと来ない。

スーグラ(イプラグリフロジン)、フォシーガ(ダパグリフロジン)、ルセフィ(ルセオグリフロジン)、デベルザ(トホグリフロジン)、アプルウェイ(トホグリフロジン)、カナグル(カナグリフロジン)。
フロジン系とか呼ぶのかな。フロジン液が思い浮かんでしまうな。

スーグラ、ルセフィ、デベルザ、アプルウェイ、カナグルの用法は、「1日1回朝食前又は朝食後」となっており、服用時点が朝と定められている。
これは、SGLT2阻害薬に利尿作用があるためと勉強会で言っていた。

しかし、フォシーガの用法は「1日1回」とだけで服用時点は定められていない。

他の薬と比べて利尿作用に差があるとは思えないけど。
他のSGLT2阻害薬も夕食後に飲んでも問題ないのかなあ、と思う。

なので、なし崩し的に他のSGLT2阻害薬も朝に限らず処方されてきそうな感じ。

SGLT2阻害薬の用量

スーグラの用量は、

通常、成人にはイプラグリフロジンとして50mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。

なので、基本50mgで最大100mg。
しかし規格は25mg錠と50mg錠。
100mg錠を販売すればよかったのに、と思う。

デベルザ、アプルウェイは、20mg錠の1規格のみ。
カナグルも100mg錠の1規格のみ。

フォシーガは基本5mgで、最大10mg。
ルセフィは基本2.5mgで、最大5mg。
それぞれの規格を揃えている。

スポンサーリンク

モーラステープで光線過敏症を避けるために必要な期間は?

IMG_0670
薬剤師

モーラステープ(一般名:ケトプロフェン)を貼った場所に直射日光を当てると、光線過敏症を起こすことがある。この光線過敏症を避けるためには、テープを剥がした後どのくらいの期間、注意が必要か。
A. 1日
B. 3日
C. 1週間
D. 2週間
E. 4週間

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索