更新日:2016年11月1日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ノロウイルスに効くエタノール消毒薬?


スポンサードリンク

ノロパンチはノロウイルスに効く?

「ノロパンチ」というアルコール除菌スプレーが健栄製薬から出ているそうです。

名前だけ聞くとノロウイルスに効きそうな気がしますが、アルコールがノロウイルスに効くのか?ノロウイルスといえば次亜塩素酸ナトリウムじゃなくていいのかな。

そもそもなぜノロウイルスにアルコールが効かないのか?
その理由はエンベロープにあります。

インフルエンザウイルスやRSウイルスなど約80%のウイルスが、ウイルスの周囲にエンベロープという膜を持っています。
エンベロープはその大部分が脂質から成っているので、脂質を溶かす事ができるアルコールや有機溶媒、石鹸などで破壊することができます。

しかしノロウイルスは、このエンベロープという膜を持たないウイルス、ノンエンベロープウイルスなのです。
ロタウイルスやアデノウイルスもノンエンベロープウイルスです。

で、ノロパンチは、
「エタノールにクエン酸を配合し、pHを弱酸性にすることでエタノールの除菌効果を増強!!それにより、今まで一般的な消毒液が効きにくかったノンエンベロープウイルスにも効果を発揮!」
するらしい。
エタノールにクエン酸とカテキン加えただけで、そんなに除菌効果アップするのかと疑わしき部分もありますが、次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて作るのも面倒だし、ノロウイルスに効くのなら使ってみたい。

ウエルセプト

ノロウイルスにアルコール消毒は効かない、というのが業界の常識ですが。

エタノールは消毒効果が比較的高い部類(中レベル)の消毒薬ですが、ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスの仲間はアルコールに対して感受性が低く、エタノール単独では効果が不十分とされています。
このエタノールに有機酸と亜鉛化合物を添加することでエタノールの持つ消毒効果を引き出し、ノンエンベロープウイルスに対しても効果のある消毒剤の開発に成功しました。
これがウエルセプトです。丸石製薬株式会社 |一般の方へ|製品情報(一般の方向け)

こういうのもあるのね。

一般向けに販売したら売れそうだけど。

ノロウイルスにアルコール消毒は効果無し?

全てのウイルスはアルコールを吹き付ければ死滅すると思っていましたが、そうでも無いようです。

ノロウイルスはエンベロープを有しないため、消毒薬に対する抵抗性が比較的強いと考えられます。

80v/v%エタノール含有速乾性手指消毒薬の適用は手指に付着しているノロウイルスを10分の1程度に不活性化できると推定できます。

これは通常の手指消毒効果としては、低すぎる値ですが、念入りな手洗いによりウイルス量を100分の1程度までまず除去し、さらに速乾性手指消毒薬を適用し10分の1とすることで、全体として1000分の1程度に減少させることができると期待されます。

手洗いのほうが効果的ということですね。

ウエルパスはあまり意味がありません。

エンベロープ

エンベロープはその大部分が脂質から成るためエタノールや有機溶媒、石けんなどで処理すると容易に破壊することができる。

このため一般にエンベロープを持つウイルスは、消毒用アルコールでの不活化が、エンベロープを持たないウイルスに比べると容易である。

アルコールで消毒できないウイルス

ウイルスは、脂質を含むエンベロープと呼ばれる膜で包まれているウイルスと、エンベロープを持たないウイルスに分類できます。

エンベロープを有するウイルスは界面活性剤やアルコールなどの脂質を溶かす消毒薬に対して感受性が高く、有さないものは不活化されにくいことが知られています。

ベンザルコニウム塩化物や両性界面活性剤、クロルヘキシジングルコン酸塩は、エンベロープを有するウイルスには有効ですが、有さないウイルスにはほとんど効果を示しません。

また、エンベロープを有さないウイルスに対して、エタノールやイソプロパノールが十分な効果を得られなかったとの報告もあります。

エンベロープを有しないウイルスには、ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスやエンテロウイルス、ポリオウイルスなどが挙げられます。

これらのウイルス感染を予防するには、せっけんと流水による手洗いと、擦式消毒用アルコール製剤を使用した手指消毒の両方を行うことが重要です。

グルコン酸クロルヘキシジン

ビグアナイド系

0.02~0.05%液は結膜嚢、0.05%液は創傷部位、0.1~0.5%液は器具の消毒に用いられる。

ただし、結膜嚢に使用後はリンスが必要である。

皮膚に残留し、持続的な抗菌作用を発揮する。

結膜嚢以外の粘膜(膀胱、膣、口腔)、中枢神経、聴覚神経への使用は禁忌である。

微生物汚染を受けやすいので、開封後は汚染に注意する。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン