2019年3月22日更新.3,397記事.5,977,632文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

1回2錠飲む薬?

スポンサーリンク


1回に2個飲む薬

例えば、ムコダイン250mg1回2錠とか、アムロジピン5mgを1回2錠とか、病院側の採用の問題などで、1回2錠で書かれてくるケースはよく見られる。

しかし、もともとその規格しかなくて、添付文書の用法上も1回2錠、となっている薬がたまにある。
1回に複数個飲む薬をまとめてみる。

医薬品名規格用法
リピディル/トライコア53.3mg/80mg1日1回106.6mg~160mgを食後
ディレグラ配合錠1回2錠を1日2回、朝及び夕の空腹時
ジェニナック200mg1回400mgを1日1回
ノイロトロピン4単位1日4錠を朝夕2回
クリアナール/スペリア200mg1回400mgを1日3回食後
フスコデ配合錠1日9錠を3回に分割

まだまだあると思う。少しずつまとめる。

2錠分1?

ときどきあるひっかけ処方。

処方せんをよく見ていないだけですが。

アムロジン錠5mg 2錠
1日1回朝食後 30日分

みたいな。

とくに1包化するときに他の薬剤と同様、1回1錠で撒いて落としてしまうというあるある。

10mgの規格あるんだから、10mg1錠で出せよ、とか言いたくなる気持ちもありますが、病院なんかだと多規格採用できなかったりするので、こういう処方も多い。
こういうのは薬局サイドで変更できるようにしてほしいです。ジェネリックに変更可能であれば、アムロジピン錠10mg1錠にも変更可能ですけど。

それはさておいて、「1回1個」という思い込みは薬剤師以上に患者さんの方が強いように思われるので、飲み間違いに注意が必要です。

スポンサーリンク

バルプロ酸と併用禁忌の抗菌薬は?

IMG_0670
薬剤師

バルプロ酸と併用するとバルプロ酸の血中濃度が極めて低くなり、痙攣発作を誘発することがあるため、禁忌となっている抗菌薬はどれか。
A. ファロペネム(ファロム)
B. テビペネム(オラペネム)
C. エリスロマイシン(エリスロシン)
D. レボフロキサシン(クラビット)
E. アモキシシリン(サワシリン)

コメントを書く

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

最新の記事


人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索