2019年3月21日更新.3,396記事.5,979,523文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スピロペントは筋肉増強剤?

スポンサーリンク


β2刺激薬と蛋白同化作用

クレンブテロールとドーピング アポネットR研究会・最近の話題

 以前から、喘息などに用いるβ2作用薬がなぜドーピングになるのか不思議に思っていたのですが、β2作用薬には平滑筋弛緩作用の他に、交感神経刺激作用と蛋白同化作用による筋組織量の増加(β2受容体は骨格筋にも存在)が期待されるとのことで、このうちクレンブテロールについては動物において筋肉の増強作用も認められているそうです。(このためクレンブテロールは筋肉増強剤とみなされている)

β2刺激薬によるドーピングというのは、気管支拡張作用による酸素供給能力の向上によるものと思っていましたが、交感神経刺激作用による闘争性の向上や蛋白同化作用による筋肉増強などの機序もあるのですね。

β2刺激薬と蛋白同化作用というのがあまり結びつかないのですが。

筋肉にもβ2受容体があり、その刺激作用により筋肉が増強するという話。

血管平滑筋も拡張して、血流促進させることも筋肉増強に寄与するのかな。

スポンサーリンク

泌尿器通院の処方で最も注意すべき薬は?

IMG_0670
薬剤師

風邪症状にて下記が処方されたが、泌尿器科の薬を飲んでいるとのこと。最も注意すべき薬は?
A. イソジンガーグル
B. カロナール
C. PL顆粒
D. フロモックス
E. メジコン

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

yakuzaic
名前:yakuzaic
出身大学:ケツメイシと同じ
生息地:雪国
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう byカルテット

人気の記事

  1. 粉砕してはいけない薬一覧
  2. モーラステープを小児に使っても良いか?
  3. 配合不適・配合注意一覧
  4. 一包化に適さない薬一覧
  5. 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬?
  6. PPIの処方は8週間まで?
  7. 湿疹と発疹の違いは?
  8. 患者が使い残した麻薬はどう処分する?
  9. ゲルとゾルの違いは?
  10. ヒルドイドクリームとソフト軟膏の違いは?
  11. ユベラとユベラNの違いは?
  12. タミフルは5日分飲みきらなきゃダメ?
  13. レセプト摘要欄に記載する事項
  14. ベルソムラを粉砕してもいいか?
  15. コンタクトレンズしたまま点眼してもいい?
  16. リリカ1日1回はダメ?
  17. 処方せん同日受付は受付1回?
  18. ジスキネジアとジストニアとアカシジアの違いは?
  19. リリカを急に止めてはいけない?
  20. 塗り薬は混ぜちゃダメ?

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

検索