更新日:2016年11月21日.全記事数:3,118件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

蛋白結合率の高い薬


スポンサードリンク

蛋白結合率の高い薬

蛋白結合率の高い薬を併用すると相互作用が出る、と思っている。

ワーファリンとNSAIDsとか。

添付文書の記載から、蛋白結合率の高い薬をみると、

アコレート:99%以上
アーチスト:94.2~96.1%
アラバ:99.38%
アリセプト:92.6%
アレビアチン:約90%
ウリトス:87.1~88.8%
エバステル:99.9%以上(エバスチン)、97.4~97.7%(カレバスチン)
オステラック:99%
ガスモチン:99.0%
ガナトン:96%
クラリチン:96.8~97.9%(ロラタジン)、73.3~75.6%(DCL)
クレストール:89.0%(日本人)~88.0%(外国人)
サインバルタ:97~99%
サムスカ:98.0%以上
ザジテン:約75%
シアリス:94%
シュアポスト:98.3~98.6%
ジメリン:85.1%(pH6.5)、88.1%(pH7.4)、85.0%(pH8.4)
ジルテック:平均92%(90.7~92.5%)
スーテント:約95%(スニチニブ)、約90%(N-脱エチル体)
ステーブラ:87.1~88.8%
スピリーバ:72%
セルテクト:93.3~98.7%
セレニカ:>90%
セレベント:98%以上
ソレトン:98%
デパケン:>90%
ハイペン:99%
バイアスピリン:約90%(低濃度域)、約75%(高濃度域)
バイナス:97~98%
バキソ:99.8%
パルミコート:約90%
ピメノール:約80%
フェナゾックス:99.1%
ブロプレス:99%以上
ペオン:98%
ペンタサ:約70%(メサラジン)、約88%(アセチル体)
メタルカプターゼ:100%
レリフェン:99%以上
ロキソニン:97.0%、92.8%(trans-OH体)
ロトリガ:99%以上
ワーファリン:97%

蛋白結合率の高い薬同士を併用すると、その分結合できる血漿タンパクが少なくなるので、遊離型が増えて、作用増強、副作用増加につながるような気がする。

けど、上記の薬同士で特別相互作用が多い、とはあまり感じないのですが。

ブロプレスとかアーチストとか、ワーファリンと併用してもあまり問題なさそうだし。

相互作用って難しいなあ。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン