更新日:2016年12月17日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

長引く咳はマイコプラズマ?


スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎は「元気な肺炎」

発熱、全身倦怠、頭痛などの初発症状から3~5日後に乾性の咳が出始め、解熱しても3~4週間咳が続くマイコプラズマ肺炎。

昔から「異型肺炎」として、肺炎にしては元気で状態も悪くないことが特徴とされてきたが、時に重症化することもある。

咳止めや総合感冒薬などのOTC薬はあまり効果がない。

元気な肺炎

最近私の家族も長引く咳に悩まされている。

マイコプラズマ?と疑ってはいますが、まあ、咳以外は元気なので、医療機関を受診することもなく。
そもそも私は病院嫌いなので。
子供たちは受診したようですが、咳止めを出されて終わり。
クラリスかジスロマックあたり出すかと思いましたが。
全身状態が良ければ、抗生物質を飲む必要もないか。

マクロライド耐性マイコプラズマも増えているし。
この程度の咳でオゼックスとか使うのもどうかと思うし。

そもそも医療機関におけるマイコプラズマの診断が正しいのかどうかも疑わしいし。

実はマイコプラズマの検査は、私のよく言うアレルギー検査と一緒だと思います。クラス2以上がアレルギーの原因と判断されて、過剰な除去を指示されている患者さんがあまりにも多くて困っています。マイコプラズマの迅速検査も「疑陽性」が多いと言われています。検査は陽性という結果なのに、マイコプラズマではないことが意外に多いとされているのです。以前、他院でマイコプラズマと診断されていた患者さんに採血の必要があり、マイコプラズマの抗体を調べさせて頂いたことがありました。結果は陰性で、やはり検査の上でもマイコプラズマは否定されました。

ある文献によるとマイコプラズマにかかってから半年から1年は、迅速検査が陽性になると書いてありました。つまり、以前かかっただけなのに、今回無関係な“マイコプラズマ”と診断される可能性があるということです。それなら、誤解して短期間に何度もマイコプラズマと診断されてしまうのも理解できなくはありません。トピックス | 小児科 すこやかアレルギークリニック

咳が1か月以上長引いたり、悪化したりするようなら医療機関を受診するけど。
そうじゃなければ、マイコプラズマでもほっときゃ治る。

オリンピック病

マイコプラズマ肺炎は4年周期で大きな流行があり、ちょうど夏季オリンピックの開催年になるたびに流行することから、「オリンピック病」と呼ばれています。
近年はこの傾向も薄れつつあるようですが。

なぜ4年ごとに流行るのか?という理由については不明です。
季節ごとに流行る感染症はわかりますが、4年ごとというのは何でしょうね。

マイコプラズマ肺炎に罹ったら出席停止?

マイコプラズマ、流行ってます。

学校に行かせてもいいですか?はよくある質問です。

急性期が過ぎて、全身状態が改善すれば登校・登園は可能。

第3種学校伝染病のその他の伝染病として、

「学校で流行が起こった場合にその流行を防ぐため、必要があれば、校長が学校医の意見を聞き、第三種の伝染病としての措置を講じることができる」

ともされています。

出席停止の措置がとられる可能性もあります。

肺炎の原因は肺炎球菌だけではない

肺炎の原因菌の約2~3割が肺炎球菌、約2割がマイコプラズマやクラミジアなどの非定型病原体が占めるといいます。

病原微生物は、65歳以上の患者では肺炎球菌が最も頻度が高く、それにインフルエンザ菌、マイコプラズマが続く。
60歳未満の患者では、肺炎球菌に次いでマイコプラズマが多い。
一方、脳血管障害を起こした高齢者に頻度の高い誤嚥性肺炎では、口腔内常在菌や嫌気性菌が原因となる。

ペニシリン系やセフェム系は肺炎球菌には効きますが、マイコプラズマやクラミジアには効きません。
マイコプラズマやクラミジアに効果的なマクロライド系やテトラサイクリン系は、肺炎球菌には効きが弱いです。
そのため、肺炎球菌にもマイコプラズマにもクラミジアにも効くニューキノロン系の抗菌薬が好まれて使われます。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク