更新日:2015年10月22日.全記事数:3,171件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

看護師が分包機の操作ミス?


スポンサーリンク

診療所 違う薬も渡す

asahi.com診療所 違う薬も渡す-マイタウン山口

 萩市の市立診療所が今年1月、高血圧症で通院していた女性(93)に、過って糖尿病治療薬も入った薬剤を渡し、これを飲んだ女性が一時、意識不明になって104日間入院したことが分かった。市は損害賠償として494万7千円を支払うことにし、30日開会の市議会12月定例会に提案する。
 市によると、1月7日、診療所の看護師が女性に高血圧症の薬を渡す際、分包機に前の患者の糖尿病治療薬の錠剤が残っていたのを確認せず、そのまま一緒に渡した。女性は自宅でこの錠剤をほかの錠剤とともに13日に1錠、14日にも1錠飲んだところ、意識を失い、救急車で市内の病院に運ばれた。数日で意識は戻ったが、体調がすぐれず、その後も入院を続けた。原因を調べたところ、女性に渡された薬剤から、本来渡されていないはずの糖尿病治療薬が見つかった。
 糖尿病治療薬には血糖値を下げる効果があることから、市は、女性が意識を失ったのは薬の影響があったと判断し、女性に謝罪した。野村興児市長は「あってはならないこと。女性におわびするとともに、再発防止に全力をあげる」と話した。女性は現在、元気になって福祉施設に入所している。

前の患者の薬が分包機に残っていた、と。

じゃあ、前の患者さんも本来飲むはずの糖尿病治療薬を飲めてないということですね。

そこは大きな問題にはならないでしょうけど。

診療所で看護師が分包機を使って一包化というのは、当たり前のようにやられているのかな。

院内処方で一包化しても、大変な割に何の加算も取れなかったような。

再発防止策は、一包化は拒否する、とか、一包化を希望する患者は院外処方にする、とかでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク