更新日:2017年1月9日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ミコブティンとクラリスロマイシンを併用しちゃダメ?


スポンサーリンク

イソニアジドは肺MAC症に効かない

結核と似た抗酸菌感染症である肺MAC症。

患者さんが増えているようで。

近くの病院では、クラリスロマイシン、エタンブトール、リファンピシンの3剤併用療法がおこなわれますが、結核なんだか肺MAC症なんだかよくわからないことも。

でも、クラリスロマイシンの適応は、「非結核性抗酸菌症」だから普通に考えると結核じゃないんだろうな。

イソニアジドは非結核性抗酸菌症には使えないみたいで。
適応は結核のみ。

今日、最も有効と考えられる組合せはクラリスロマイシン, エタンブトール, リファンピシンまたはリファブチンの3薬剤併用です.結核菌に対しては強力な薬剤であるイソニアジドやピラジナマイドは, MACに対してはあまり有効ではありません.アボット感染症アワー 〜感染症と化学療法〜 20090821

イソニアジドは肺MAC症にはあまり効かないんですね。

クラリスロマイシンとリファブチンの併用

 2008年の秋, 我が国では初めてリファブチンとクラリスロマイシンに肺の非結核性抗酸菌症が, 保険診療適応症として認められました.しかし, じつはこの二つの組合せはやや問題があります.クラリスロマイシンを併用するとリファブチンの血中濃度が上昇します.リファブチンにはリファンピシンにはない副作用で目の痛みやまぶしさ, 視力低下などを来す「ぶどう膜炎」が用量依存性に発生することが報告されており, 2薬剤の併用でぶどう膜炎発生が多くなることが懸念されます.
 このような問題に対処するため2008年10月やはり結核病学会と呼吸器学会共同で「肺非結核性抗酸菌症化学療法に関する見解-2008暫定」が発表されています.その中ではリファブチンについてはリファンピシンで効果がなかったときにリファブチンを用い, その際は1日量150mgで開始し6ヶ月継続しても副作用が無ければ1日あたり300mgまで増量可能としています.アボット感染症アワー 〜感染症と化学療法〜 20090821

ミコブティンってリファンピシンの改良版かと思っていましたが、あまり処方を見ないのでなぜだろうと思っていましたが。

リファンピシンのほうが第一選択になっているのね。

エタンブトールも追加すると、眼障害はさらに気になるものね。

クラリスロマイシン単独じゃダメ?

肺MAC症に対して、ガイドライン的には、クラリスロマイシン、リファンピシン、エサンブトールが標準とされる。

ある病院で、無症状の肺MAC症にクラリスロマイシン単独の処方がされた。
高齢なので、副作用を懸念してのことらしいのだが、耐性菌を増やさないという観点からは3剤併用すべきかと思う。

クラリスロマイシンとリファンピシンの併用

クラリスロマイシンの1日量は、400mgや600mgよりも800mgの方が治療効果が高いことが報告されている。

その理由として、リファンピシンを併用すると、チトクロームP450(CYP)3A4が誘導され、クラリスロマイシンの血中濃度が低下することが考えられる。
このため十分量のクラリスロマイシンの投与が重要となる。

参考書籍:日経DI2014.5

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ