更新日:2015年10月22日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

腎梗塞で腹痛?


スポンサードリンク

腎梗塞

脳梗塞、心筋梗塞はよく聞きますが、腎梗塞はあまり聞かない。

腎梗塞の症状 2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル熊本版

腎梗塞は、心房細動などの不整脈・心臓弁膜症・心内膜炎などの疾患により生じた血栓が腎動脈に詰まる、塞栓が原因とされています。 その他に、大動脈の壁に亀裂が入る大動脈解離や大動脈瘤、外傷などで突然腎血流が途絶えることで発症することもあります。 また、血管内カテーテル検査などによって動脈硬化の血管壁から剥がれたコレステロール結晶が、塞栓の原因となる場合もあります。

心臓から腎臓に血液は流れますから。

心腎連関というやつです。

塞栓の大きさで症状も変わるようで。
抗血栓薬で治療するんだろうな。

腎臓の動脈硬化

知らぬ間に腎臓の動脈硬化 – MSN産経ニュース

 心臓や頭以外でも動脈硬化が起こることの認知度が3割程度にとどまっていることが、ジョンソン・エンド・ジョンソン(東京都千代田区)の調べで分かった。
 調査は昨年12月、全国の40~70代の男女800人を対象にインターネットで実施。それによると、動脈硬化が起きる部位として知っているものを聞いたところ、「心臓」は86.9%、「頭」は77.6%と8割前後に達した。一方、「足」(32.1%)や「首」(29.8%)は約3割にとどまり、「腎臓」は8.9%だった。
 このうち、腎臓は血圧の調整を行っており、動脈硬化(腎動脈狭窄(きょうさく)症)が原因で治りにくい高血圧になる恐れがある。しかし、その認知度も全体の12.9%で、調査対象のうち高血圧の243人でも14.8%だった。腎動脈狭窄症は初期には自覚症状が少なく、症状が悪化して透析が必要となる場合もある。
 同社では、眼底検査で網膜の動脈硬化が強い▽心臓、首、足のいずれかの動脈が狭い▽高血圧の薬を3剤以上服用しているのに改善しない-などの症状があった場合、腎動脈狭窄症を疑うよう呼びかけている。

動脈のある場所ならどこでも、動脈硬化になる可能性はあるでしょう。

脳梗塞や心筋梗塞は死に直結するから、危険性を認識しやすい。
腎臓に血栓が詰まっても、すぐに命に関わるということではなく、軽視されやすいでしょう。

血圧の高い人は、注意が必要ですね。

そのうち透析が必要になるかも知れません。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク