更新日:2015年10月22日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ミルクより母乳で育てたほうが良いのか?


スポンサーリンク

なぜ母乳は大切なのか

母乳は栄養のバランスがよく、免疫グロブリン(特にIgA抗体)やリゾチーム、補体、ラクトフェリン、ビフィズス菌成長因子など感染症を防ぐ因子も含まれている。

また、児のアレルギーや肥満を防いだり、IQ(知能指数)に良い影響を与えるとの報告がある。
母親側のメリットもある。

授乳は、母乳の分泌を促したり、分娩後の出血を抑えて子宮を元に戻す作用を持つオキシトシンの分泌を促進させる。
卵巣がんや閉経前の乳がんの発症リスクを低下させるという報告もある。

授乳という行為に伴う母子の精神的な絆の形成も重要だ。
授乳回数は児にもよるが、生後1~2カ月で1日7~8回にもなる。

1回20分としても、実に1日2~3時間母子は授乳を介して肌を触れ合うことになるのだ
授乳は安易に中断しない方がよい。

母乳が乳腺内にたまり、胸の付け根にしこりや痛みを感じるようになるからだ。
搾乳したり、乳房を冷やすといった対症療法で治まりはするが、搾乳には痛みが伴うし、授乳に比べて時間もかかる。

また、乳腺に細菌が感染しやすくなる。
この急性乳腺炎では、乳房の腫れや痛み、高熱のつらい症状に悩まされることになる。

母乳は、出産直後に乳児がよく飲むとその刺激によって多く産生されるが、断乳するとホルモンの関係で分泌量が減ってしまう。

母乳はアトピーリスクを高める?

asahi.com(朝日新聞社):乳児アトピーリスク、母乳も混合栄養も同じ 千葉大調査 – アピタル(医療・健康)

 母乳でも、人工乳(ミルク)との混合栄養で育てても、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になるリスクは変わらない――。そんな結果が千葉大学などの追跡調査で分かった。母乳がアトピーの発症につながるかどうか、国内ではっきりした結論が出ていなかったが、母乳は発症リスクを高めないことを裏付ける結果になった。
 調査は千葉、東京、岐阜、福岡の4都県の五つの医療施設で、2007~09年に生まれた赤ちゃん計1088人を対象にした。母親のおなかの中にいる時から家族の生活習慣やアレルギー性の病歴などを調べた。出生後は1カ月、4カ月、半年の時点で授乳の状況や、アトピー性皮膚炎の有無を追跡した。
 一般に乳児の1割はアトピーになるとされる。今回の調査でも各施設の発症率は9~19%だった。いずれの施設でも、母乳だけと、人工乳との混合栄養の赤ちゃんを比べても発症率に統計的な差はなかった。
 これまでの国内の研究は発症後にアンケートなどで原因を推測する手法。今回の追跡調査は、事前にさまざまな条件を調べ誤差がないよう比較でき科学的裏付けのレベルが高い。海外の追跡調査でも母乳がリスクを高める恐れはないとする結果が出ている。
 調査チームの千葉大学大学院の下条直樹准教授は「今後は母親の食生活によってアトピーと母乳とに関係があるかどうか調べたい」と話す。

母乳の方がアトピーのリスクを高める、って見方をされていたんですね。

知らなかった。

でも、生後半年までの追跡でわかるのかな。

離乳食始まってからじゃないかと。

完全母乳の母親は増えている

出産直後「母乳だけ」65%…宮城 健康ニュース yomiDr.-ヨミドクター(読売新聞)

 出産直後に自分の母乳だけで赤ちゃんを育てる母親が県内は約65%に上り、上昇傾向にあることが、NPO法人「みやぎ母乳育児をすすめる会」の調査で分かった。全国的にも高い割合という。
 母乳で育てることにより、赤ちゃんの免疫が高まり、母子が精神的に安定する。子供が将来、生活習慣病になる危険性が低いことも知られている。近年は、出産直後から母親と乳児を同室にして、いつでも母乳を与えられるようにする施設が増えている。
 調査は、医師、助産師らで作る同会が昨年11、12月、県内で産科、小児科を持つ延べ190施設にアンケート調査し、同49施設から回答があった。
 それによると、出産直後に母乳だけで乳児を育てる「完全母乳」の母親は、1999人のうち1296人と、64・8%を占めた。2005年の前回調査に比べ、4・1ポイント上昇した。
 母乳と人工ミルクを併用する母親も含めると、1983人(99・2%)と、ほとんどを占めた。ミルクだけとの回答は0・8%にとどまった。
 1歳健診時でも、完全母乳の母親は、回答した117人のうち65人と、55・6%に上り、前回の28・9%を大きく上回った。
 単純比較できる全国的なデータはないが、厚生労働省の2005年度の調査では、産後1か月時の完全母乳率は全国平均が42・4%だった。本県の母乳育児の割合はかなり高いと言え、同会は「特に仙台圏の産科施設で母子同室の取り組みが盛んなためだろう」とみている。実際、出産直後の完全母乳率を県内の地域別にみると、仙台市で78・7%と高く、県北は46・6%、県南は55・8%にとどまった。
 同会の堺武男理事長は「医学的には早期に離乳する必要はなく、自然に卒乳するのを待てばいい」と話している。

うちの奥さんは母乳の出が悪かったので、出産直後はほとんどミルクだけでしたね。

完全母乳は難しいと思っていましたが、結構高い割合で母乳だけで育てているお母さんがいるんですね。

でもあまり完全母乳にこだわりすぎると、どうしてもおばあちゃんに預けたいときとか、人工ミルクを飲まなくて困りますね。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ