更新日:2017年6月11日.全記事数:3,136件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ザイロリックとイムランは併用禁忌?


スポンサードリンク

プリン

ザイロリックはキサンチンオキシダーゼ阻害薬。

イムランはそのキサンチンオキシダーゼで代謝されるアザチオプリン。

ザイロリックの添付文書には、

メルカプトプリン(6-MP)
アザチオプリン

臨床症状・措置方法骨髄抑制等の副作用を増強する。
これらの薬剤の用量を1/3~1/4に減量すること。
機序・危険因子本剤がアザチオプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害する。その結果6-メルカプトプリンの血中濃度が上昇する。

と、書いてある。

しかし、併用注意レベル。

これに対し、同じキサンチンオキシダーゼ阻害薬のフェブリク(フェブキソスタット)やウリアデック/トピロリック(トピロキソスタット)の添付文書では、
メルカプトプリン水和物(ロイケリン)、アザチオプリン(イムラン、アザニン)は併用禁忌というレベルになっている。

ザイロリックよりもフェブリクやトピロリックは強力にキサンチンオキシダーゼを阻害するということから、このような記載になっている。

プリンの話

アザチオプリンとかメルカプトプリンとかのプリンの話。

プリン塩基が分解されてキサンチンになって、キサンチンオキシダーゼで代謝される。

プリン塩基とピリミジン塩基の話。

プリン塩基は、アデニン、グアニン。
ピリミジン塩基は、チミン、シトシン、ウラシル。

DNAの塩基成分が、アデニン、グアニン、シトシン、チミン。
RNAの塩基成分が、アデニン、グアニン、シトシン、ウラシル。

DANの成分にプリンが入ってる。
細胞の中にプリンが入ってる。

細胞の数が多い食べ物にプリン体が多いのです。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク