更新日:2017年4月3日.全記事数:3,137件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

膀胱炎にウワウルシが効く?


スポンサードリンク

膀胱炎に使う市販薬は?

ドラッグストアに膀胱炎の薬を求めてくるお客さんがたまにいる。
膀胱炎に使う薬、って抗生物質じゃなきゃ治らないんじゃね、と思いますが。

非細菌性の膀胱炎であれば、漢方薬もアリかと思いますが、細菌性の膀胱炎に漢方薬使うのもどうなのかなあ。

たとえ、抗菌作用のある漢方薬、生薬があったとしても、その抗菌作用はたかが知れているだろうし。
症状を抑えることで、受診が先延ばしになって状態が悪化するという事態は避けたいけど。

ベアベリックスは、細菌感染しやすい尿路を消毒し、排尿時の不快感や残尿感を改善する植物性製剤です。
欧米やアジアの寒冷地や高地に自生する、抗菌作用のある薬用植物ウワウルシを有効成分としています。
水にサッと溶け手軽に服用できる「溶かしてのむ顆粒タイプ」のドライシロップ剤。排尿時に不快感を感じたら、早めにしっかりケアすることが大切です。ベアベリックスは、尿トラブルに悩む人の生活改善薬として、快適な生活を応援します。ベアベリックス-製品情報【エスエス製薬】

ウワウルシってのが、生薬で、抗菌作用も持っているらしく。

腎仙散という漢方薬にもウワウルシが入っている。

「腎仙散」には15種類の生薬エキスが配合されていますが、その中でもタクシャ、チョレイ、ブクリョウ、ソウジュツ、ケイヒは強い利尿効果を持つといわれる漢方「五苓散(ごれいさん)」の処方生薬です。五苓散は、余計な水分が体内にたまって起こるさまざまな症状を改善させる効能を持ち、下痢や口の渇き、ムクミといった症状にも効果があります。五苓散に加えて、抗炎症効果を持つウワウルシなどを配合することで、膀胱炎への対処能力を強めたお薬が「腎仙散」といえるでしょう。以前は膀胱炎に効果のある抗菌薬が薬局で販売されていたのですが、現在は、効果のある一般用医薬品は生薬エキス製剤だけになりました。女性が知っておきたい疾患・膀胱炎と市販薬 [知っておきたい常備薬] All About

ドラッグストアに勤めているといろんな患者さんが来るので。
とりあえずの対応としては、ウワウルシを勧めてみようかな。

予防にクランベリージュースとかも聞きます。

膀胱炎に漢方薬は効く?

膀胱炎というと細菌感染が原因なので、抗菌剤を処方しなければ意味がないと思ってしまいますが、非細菌性の慢性膀胱炎というのも多いそうです。
そんなときには漢方薬を使うこともあります。

膀胱炎に使われる漢方薬としては、五淋散、清心連子飲、猪苓湯、龍胆瀉肝湯あたりか。

小林製薬からは五淋散を「ボーコレン」という商品名で販売しています。
さすがのネーミングです。

クランベリージュースと飲み合わせの悪い薬は?

膀胱炎にクランベリージュースを飲んでいる、という患者さんがいました。

クランベリージュースは、欧米では古くから尿路感染症に対する効果が知られており、細菌の付着を直接抑制すること、尿のpHを下げ細菌の増殖を抑えること、またこれらの効果にはいくつもの成分が関与していることが示唆されています。

クランベリージュースとの飲みあわせで注意する薬はワルファリンです。

ワルファリンとの相互作用の作用機序の詳細は不明ですが、クランベリージュース中の何種類かのフラボノール配糖体によりワルファリンのCYPを経由する代謝(主にCYP2C9)を阻害しているのではないかと推測されています。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク