2018年9月22日更新.3,329記事.5,605,527文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

緑内障に禁忌の薬

スポンサーリンク


緑内障に禁忌

緑内障に禁忌の薬は多くあり。

しかし、添付文書上の記載は色々あり。

「緑内障」「閉塞隅角緑内障」「急性狭隅角緑内障」。

閉塞隅角緑内障だったら、患者インタビューでわかるだろう。

でも、禁忌:緑内障となっていたら、緑内障治療薬を使っている患者さんには使えないわけで。

疑義照会しなければならない。

「緑内障」に禁忌となっている薬
PL顆粒
フスコデ、アストフィリン
ポララミン、ペリアクチン、ゼスラン、セレスタミン
トラベルミン
ロートエキス、ブスコパン、トランコロン、チアトン、コランチル
ポラキス
トリプタノール、アナフラニール、アモキサン、ルジオミール
アーテン、アキネトン
リスモダン

緑内障

通常、毛様体の上皮細胞から房水が分泌され、角膜や水晶体への栄養補給と代謝産物の除去を行い、眼球内の圧力を一定(正常の眼圧は10~20mmHg) に保っています。
緑内障は房水の産生と排泄のバランスが崩れて眼内圧が亢進し、視野が欠損する疾患で、一度視神経が障害されると元には戻らないため、早めの治療が大切です。

閉塞隅角緑内障

房水の出口である隅角が虹彩によってふさがれ、水品体と虹彩の間が狭くなり、房水が抜けにくくなることで眼圧が上昇するのが閉塞隅角緑内障です。
「緑内障に禁忌」とされる薬物がありますが、特にこの閉塞隅角緑内障では薬物が引き金になり、急激な眼圧上昇を起こす急性緑内障発作( 眼痛、頭痛、吐き気などの激しい自覚症状。眼圧は50mm Hg、極端な場合はlOOmmHg) を起こすことがあるので注意が必要です。
治療が遅れると失明することもあります。片目だけに起こるのが特徴です。

開放隅角緑内障

隅角は開いていますが、房水排出路の一つである線維柱帯とその奥にあるシュレム管が目詰まりを起こし、うまく房水が流出されないために眼圧が上昇するのが開放隅角緑内障で、全体の約90%を占めます。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

検査値 調剤関連資料