更新日:2016年12月21日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

貧血の種類?


スポンサーリンク

貧血の種類

貧血といえば、鉄欠乏性貧血を思い浮かべますが、貧血の種類にもいろいろある。

たいがい血液検査をすると、MCVとかMCH、MCHCといった赤血球恒数が検査されている。

MCV、MCH、MCHC(赤血球恒数)|血液の検査|【よくわかる-健診・人間ドックガイド】

赤血球恒数の評価は、貧血があると判断された場合に行われるものです。赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリットの検査データから、赤血球の平均的な大きさ(MCV)、赤血球1個あたりの平均ヘモグロビン量(MCH)、赤血球中の平均ヘモグロビン濃度(MCHC)を算出。その数値から、どんな種類の貧血が疑われるかを判断します。

貧血というと、血液が薄くなる、というイメージ。

鉄欠乏性貧血とか、出血だとそういう感じ。

MCVが大きいのは、巨赤芽球性貧血とか、赤血球の大きさが大きくなると貧血になる。

貧血

貧血は「単位容積の血液中に含まれるヘモグロビン濃度の減少」と定義されている。

具体的には、血液100mL当たりのヘモグロビン量が、成人男性では13g未満、女性では12g未満、思春期前小児および80歳以上の高齢者では11g未満の場合が、貧血に該当する。

ヘモグロビンは赤血球の細胞質に含まれ、鉄を含有するヘムとポリペプチドのグロビンが結合した蛋白質である。

つまり貧血は、赤血球が減少した状態ということもでき、その原因には赤血球の産生低下や破壊亢進、急性あるいは慢性の出血などが挙げられる。

赤血球は骨髄の造血幹細胞から赤芽球、網状赤血球を経て生成される。

この生成過程では鉄分、ビタミンB12、葉酸といった栄養素や、腎臓で産生されるエリスロポエチンという造血ホルモンが重要な役割を果たす。

しかし、ビタミンB12や葉酸が不足して未成熟な赤芽球(巨赤芽球)が増加すると「巨赤芽球性貧血」が起こり、鉄が不足してヘモグロビン合成が低下すると「鉄欠乏性貧血」が起こる。

また、頻度としてはまれであるが、免疫異常などで赤血球の破壊が亢進すると「溶血性貧血」が生じる。

腎疾患でエリスロポエチンが不足すると「腎性貧血」が起き、造血幹細胞に異常が生じると「再生不良性貧血」や「骨髄異形成症候群」を起こす。

中でも最も頻度が高いのは鉄欠乏性貧血である。

月経や妊娠、授乳で鉄分が失われやすいため女性に多く、女性の10人に1〜2人、40歳代女性に限ると26.3%が鉄欠乏性貧血だといわれる。

実際、日本赤十字社の2001年の献血者調査によると、血液の比重不足で鉄欠乏性貧血の疑いがある人の割合は、男性で1%未満であるのに対し、女性では15.3%であった。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク