更新日:2015年10月22日.全記事数:3,169件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ウェアリング・オフとオン・オフ現象の違い


スポンサーリンク

ウェアリング・オフとオン・オフ

聞き慣れないカタカナ言葉が出てくると混乱する。

ウェアリング・オフ現象とは、薬の持続時間が短くなり、薬の効果が切れてくると症状が悪くなる現象。

オン・オフ現象とは、薬をのんだ時間に関係なく、スイッチを入れたり切ったりするように症状がよくなったり悪くなったりする現象。

ウェアリング・オフは効果の減弱で、オン・オフは効果のバラツキってことかな。

ウェアリング・オフでレボドパの効果が落ちたと思って、単に増量してしまうと、副作用が発現しやすい。
単に効果が減弱しただけでなく、有効血中濃度の幅が狭まったような感じらしい。
投与回数を増やして、血中濃度のバラつきを減らすのが得策なようで。

ニュープロパッチみたいな貼付剤はそういう意味で有効らしい。

スポンサーリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク