更新日:2015年10月22日.全記事数:3,091件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

腎臓が悪くなくてもタンパク尿?


スポンサードリンク

タンパク尿

健康人でも尿中にわずかなタンパクが出ているが、1日150mg以上では病的である。

タンパク尿の診断は通常では試験紙法により行われる。

試験紙法で尿タンパクが陰性でも、微量アルブミン尿検査では、試験紙法では検出できない微量の尿中アルブミンを検出することができるので、CKDの早期診断が可能である。

この微量アルブミン尿検査は、特に、糖尿病患者での腎症のような緩徐に発症するCKDの早期診断に有用である。

一方、腎臓に疾患がなくても、発熱時に一時的に生じる生理的タンパク尿や運動・立位により生じる体位性タンパク尿もあるので鑑別が必要である。

体位性タンパク尿の多くは若年者でみられるが、早朝起床時の尿では陰性であることにより鑑別できる。

参考書籍:調剤と情報

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
座右の銘:継続は力なり、失敗は成功の母
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
医薬品医療機器総合機構(新薬・公知申請)
添付文書(PMDA)(添付文書)
社会保険診療報酬支払基金(診療報酬関係通知)
Minds医療情報サービス(ガイドライン)
ミクスOnline(ニュース)

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク