更新日:2015年10月22日.全記事数:3,079件

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

フォリアミンとロイコボリンの違いは?


スポンサードリンク

葉酸とメトトレキサートの併用

フォリアミンは葉酸。
ロイコボリンはホリナートカルシウム。
活性型葉酸の前駆体らしい。

どちらがよいのか。

リウマトレックスの副作用予防目的でフォリアミンは良く見かけますが、ロイコボリンは見たこと無い。
なぜか。

フォリアミンの薬価9.60円。
ロイコボリンの薬価876.7円。

100倍近い差がある。

本来であれば、ロイコボリンのほうが適応として「葉酸代謝拮抗剤の毒性軽減」となっているので、リウマトレックスに併用すべき葉酸製剤はロイコボリンなのだろう。

でも、フォリアミンが適応外使用されるのはこの薬価差にある。

フォリアミンよりロイコボリンのほうが良い場合

葉酸投与がMTXの治療効果を減弱させ、関節リウマチの疾患活動性を増悪させる可能性が指摘されている。

葉酸を併用(1~2mg/日、2.5~5mg/週)することにより、MTXの治療効果が一部減弱すると考えられている。

MTXの治療中に重篤な血液障害を認めたり、MTXの過剰投与が判明したりした場合は、生命予後に関わる。

その際は、ジヒドロ葉酸還元酵素(DHFR)を介さず活性型葉酸となるため迅速な作用が期待できるホリナートカルシウムが用いられる。

通常は、10mgを6時間間隔で1日4回経口投与、または6~12mgを6時間間隔で1日4回筋肉内注射する。

参考書籍:日経DI2013.4

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

薬剤師に役立つリンク集
薬剤師に役立つ書籍

人気の記事

最新の記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク