更新日:2015年10月22日.全記事数:3,095件.今日の勉強

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

足がつるのはミネラル不足?


スポンサードリンク

こむらがえりとミネラル

こむらがえりに関係するミネラルとして、カルシウム、マグネシウム、カリウムがある。

カルシウムは筋肉をスムーズに収縮させるさせるために大きな役割をはたしており、これが不足するとこむら返りが起こりやすくなります。

マグネシウムはカルシウムポンプを働かせるために必要なATPを作るために必要。

カリウムにも筋肉の収縮を起こす働きを促進したり、制御したりする効果がある。
足がつる、という人にOS-1を勧めてみたりする。

こむらがえりとカルシウム

足がつることを「こむら返り」とも言い、足のふくらはぎの筋肉が痙攣することです。

こむら返りは次のようにして起こります。

筋肉を包んでいる膜にある受容体が刺激されると、「カルシウム放出チャネル」が作動して、筋小胞体に蓄積されていたカルシウムを筋肉細胞内に放出します。

そして筋肉内にあるアクチンと結合してミオシンを引き寄せ、収縮が起こります。

一方、筋小胞体においてATPをエネルギー源とした「カルシウムポンプ」が作動すると、逆に筋肉細胞内のカルシウムが筋小胞体に戻り、筋肉細胞内のカルシウムが減少します。

そこでアクチンに結合していたカルシウムが離れていき、ミオシンが元の位置に戻って筋肉が弛緩します。

ここで働くATPは、マグネシウムの存在下で作られるので、マグネシウムが不足するとATPが不足状態になり筋肉は弛緩できず、収縮ばかりして痙攣状態になってしまいます。

このように、カルシウムはマグネシウムの吸収に必要なので、両方をバランス良く摂取することが大切です。

参考書籍:調剤と情報2013.3

Ca拮抗薬とこむらがえり

Ca拮抗薬の副作用にこむらがえりがある。

アムロジンの副作用にも「筋痙攣」とある。

カルシウムチャネルがうまく働かないと、筋肉が痙攣してしまうのかな。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク