更新日:2016年12月31日.全記事数:3,191件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スプレキュアは排卵を抑制する?


スポンサーリンク

GnRHアゴニストと不妊治療

スプレキュアなどのGnRHアゴニストが不妊治療に使われるらしい。

GnRHアゴニストといえば、子宮内膜症や子宮筋腫で、偽閉経療法として使われる薬。

閉経しちゃったら子供できないじゃん、と思います。

スプレキュア点鼻液 -不妊用語辞典

スプレキュアには短期で使うことで、排卵を促す効果があります。これはスプレキュアの「フレアーアップ」というLHとFSHの急激な上昇を利用したもので、HCG注射の代用として体外受精以外の周期でも使用されることがあります。

スプレキュアを短期的に使えば、排卵を促進する。

長期的に使うと、下垂体ホルモン、卵巣ホルモンの分泌を抑制し、子宮内膜症や子宮筋腫の治療に使われる。

排卵を促進したり、抑制したり。

どういう使い方をすればいいのか。

スプレキュアの効果がいまいち よくわかりません 不妊・不妊症・不妊治療の広場 その他 – 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』

スプレキュアは脳下垂体から分泌されるFSH(卵胞を発育させる)やLH(排卵を起こす)を抑える働きがあります。
私は体外受精でスプレキュアのジェネリック医薬品のブセレキュアを使ったことがありますが、hCG注射直前まで1ヶ月ほど使い続けました。
それで完全に私自身の脳下垂体から出るFSHやLHを抑制した上で人工的にFSH(HMGとも言う)の注射で卵胞を発育させて、LH(hCG)を注射して排卵直前で採卵しました。
持続的にスプレキュアを使っていれば、脳下垂体からのホルモンが出ないので排卵は起きません。
一般的にはこの方法がとられると思います。

ただ、スプレキュアには短期で使うことで、排卵を促す効果があります。これはスプレキュアの「フレアーアップ」というLHとFSHの急激な上昇を利用したもので、hCG注射の代用として体外受精以外の周期でも使用されることがあるようです。
もしかしてトピ主さんの言ってるのはこれかな?と思います。
採卵前日ならhCG(排卵誘起)として使っているんだと思いますよ。

もうひとつの日記

さて、体外受精にスプレキュアを使うのは...。
排卵誘発剤により一時的に複数の卵胞が発育すると、各々の卵胞が小さいうちにエストロゲンというホルモンが一定量生成されてしまうため、卵が充分に発育しないうちに排卵を促す「黄体化ホルモン」が放出、発育中の卵に悪影響を及ぼします。スプレキュアを使用すると脳下垂体の働きがブロックされるため、卵胞がどんなに発育しようとも黄体化ホルモンが放出されないために、排卵は起こりません。
スプレキュアの使用を止め、黄体化ホルモンと同じ作用を持つhCG注射をすることで、約36時間後、排卵直前に採卵を行うことができます。

したがって、排卵誘発剤とスプレキュアを併用することで充分に卵を育て、かつ採卵日をコントロールすることができる、というわけなのです。

不妊治療でスプレキュアを使っていると聞いても、使い方、目的には2通りあるようで。

よく話を聞かないとわからないけど、男の私にはあまり話してくれなさそう。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ