更新日:2016年12月31日.全記事数:3,104件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

ナサニールとプレマリンの併用?


スポンサードリンク

アドバック療法

子宮筋腫や子宮内膜症の治療法に「偽閉経療法」というものがある。

閉経後と同じ状態にして、子宮筋腫や子宮内膜症の原因であるエストロゲンの分泌を低下させるのだ。

そのとき使われるのが、「スプレキュア」「ナサニール」「リュープリン」「ゾラデックス」などのGnRHアゴニスト(GnRHアナログ)製剤。

子宮筋腫・内膜症体験者の会 たんぽぽ

この薬を使うと、下垂体の機能が抑えられ、性腺刺激ホルモンが分泌されなくなります。 卵巣への刺激がストップするためにエストロゲンが低下し、閉経と似た状態になり、内膜症病巣の活動や増殖が抑えられる、 という仕組みです。本来GnRHアゴニストは下垂体に性腺刺激ホルモンを放出させるものですが、連続使用で刺激を与え続けていると下垂体の感受性が低下していきます。 ですから、使い始めは刺激を受けた下垂体が性腺刺激ホルモンをよく出して、不正出血を起こすこともあります(これをフレアーアップという)。 けれどもそのままGnRHアゴニストを与え続けていると、次第に下垂体の感受性がにぶって、性腺刺激ホルモンが分泌されなくなり、エストロゲンも低下していくわけです。

閉経後と同じような状態にするわけなので、更年期と同じような状態にもなる。

更年期障害になる可能性がある。

偽閉経療法で現れる更年期症状様の副作用では、ホットフラッシュと肩こり、イライラ感が3大症状。

特にホットフラッシュは患者の苦痛が大きく、治療の中断にもつながりかねない。

アドバック療法

なので、GnRHアゴニストを使用中の更年期様症状にも、更年期障害で使われるようなエストロゲン製剤をつかうことがある。

エストロゲン分泌を抑制する治療中にエストロゲンを補うという、一見おかしな処方だけれども、治療を継続するために仕方ないというわけで。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
今日の勉強目次
follow us in feedly

リンク

お気に入りリンク集
お気に入り書籍
添付文書を調べる(PMDA)

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク