更新日:2016年12月21日.全記事数:3,135件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

スタチンで脱毛症?抗癌剤で脱毛症?脱毛症を引き起こす薬


スポンサードリンク

スタチンと脱毛

メバロチンなどスタチン系薬の副作用をみると、「脱毛」の記載がある。

スタチン系薬は、HMG-CoA還元酵素阻害薬ともいわれる。

HMG-CoA還元酵素の働きの1つに、CoQ10の合成がある。

CoQ10 が不足することによって、筋肉痛、不眠、下痢、脱毛、口内炎、倦怠感、足が重い、胃が重い、肝臓腎臓の機能障害などが現れることがある。

スタチンを飲んでる人には、コエンザイムQ10をすすめてみよう。

抗がん剤と脱毛

アンスラサイクリン系薬剤やタキサン系薬剤は、脱毛が高確率で発現します。
一般に抗がん薬投与後2~3週間で脱毛が始まり、1ヶ月程度でほぼ完全に脱毛に至ります。

脱毛は患者に与える精神的ショックが大きいため、脱毛による拒絶感から治療拒否を引き起こすことがあります。
化学療法前の十分な説明が必要と考えられます。

脱毛は一過性で可逆的なため、がん治療が終了すれば必ず回復すること(治療終了後3~6ヶ月で回復する)、その場合髪の質や色の変化が起こる場合があることを伝え、医療用のかつらや帽子などの使用をすすめることも重要です。

抗癌剤による脱毛の頻度

90%以上
タキソール(パクリタキセル)
タキソテール(ドセタキセル)

90%未満
アドリアシン(ドキソルビシン)61.6%
エンドキサン(シクロホスファミド)24.32%~57%

50%未満
ランダ・ブリプラチン(シスプラチン)25.7%
パラプラチン(カルボプラチン)18.25%

10%未満
ジェムザール(ゲムシタビン)10%未満
ティーエスワン(テガフール・ギメラシル・オテラシル)5%未満
5-FU(フルオロウラシル)5%未満
ノルバデックス(タモキシフェン)5%未満
アクプラ(ネダラプラチン)2.36%
アリミデックス(アナストロゾール)1%未満 脱毛(抗がん剤・放射線の副作用)[モノリス]

抗がん剤を飲めば、必ず脱毛するというわけではない。

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサードリンク