更新日:2016年9月1日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

リボフラビンは着色料?


スポンサーリンク

リボフラビン

皮膚のビタミンであるビタミンB2=リボフラビン。

シナールの添加物を見ていたら、リボフラビンの記載があったので、ちょっと気になる。

どのくらいの量が入っているのかな。

薬効を期待できる量ではないと思っていいのかな。

しかし、

厚生省行政情報-食品添加物リスト-添加物使用基準リスト 2
このページには、リボフラビンの使用量等の最大限度は記載されていない。

いくら入れてもいいってことかな。

シナール以外にも黄色い錠剤には結構リボフラビンが添加物として入っている。

カルスロット錠とか、セルシン5mgとか、ミノマイシン錠とか。

ビタミンB2が入っているので、肌にも良いです、とか言っちゃダメかな。

ビタミンB2

ビタミンB2欠乏に。
アルコール依存、吸収障害、向精神薬、抗菌薬が要因。
複合ビタミン欠乏症が多い。
過剰症なし。
魚、肝、乳製品、卵、野菜、小麦胚芽。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ