更新日:2015年10月22日.全記事数:3,190件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

秤量誤差は何%まで?


スポンサーリンク

秤量誤差

製剤学的事項 – 新潟県薬剤師会のページ

分包重量変動については、これまでの『調剤指針』には通常、重量誤差は分包したものでは重量偏差が変動係数として6.1%以下(分包した散剤の重量が基準化された正規分布をするものとして、全体の分包散剤の90%が平均重量値の±10%に入る範囲は、変動係数で6.08%≒6.1%である)、全量では2%以下であることが望ましいと記載されている。しかし、6.1%は最低限の数値であり、TDMを行っている薬剤などに関しては、薬剤個々について科学的根拠に基づいた最低限度の数値を設定する必要がある。
(引用)日本薬剤師会 編:「第十三改訂調剤指針」,p37-40,薬事日報社,2011.

全量で2%以下の誤差は認められる、ってことか。

10g測るところを9.8gでもOKってことか。

なんて、違うか。

分包すると分包機にくっついたり、なんだかんだで重量減るからね。

スポンサーリンク

関連する記事

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」「時間は有限、努力は無限」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

資料

検索

スポンサーリンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ