2017年1月25日水曜更新.3,290記事.5,379,679文字.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

レセルピンが蕁麻疹に効く?

スポンサーリンク


レセルピンと蕁麻疹

アポプロン(レセルピン)が蕁麻疹に使われることがあるらしい。

一方でこの薬の強力な作用を活かして、適応外ではあるが、抗ヒスタミン薬やステロイドでも改善しない蕁麻疹の重症例に対してレセルピンを追加すると効果が上がるケースがあるという報告がある(肥満細胞内のセロトニンを枯渇させるためではないかと考えられている)。レセルピン – Wikipedia

肥満細胞内のセロトニンを枯渇させることで蕁麻疹に効く。

蕁麻疹とか痒みっていうと、ヒスタミン、って思ってしまいますが。
よくわかんないですね。

ちなみにアポプロンの適応症は、

○高血圧症(本態性)、高血圧症(腎性等)
○悪性高血圧(他の降圧剤と併用する)
○フェノチアジン系薬物の使用困難な統合失調症

高血圧と統合失調症。

静穏作用が働き過ぎると、うつ病になる。

副作用のことも考えると、よほど重症な蕁麻疹じゃないと使いたくないような。
でも患者さんの中には慢性蕁麻疹に悩まされている人もいる。ちょと使ってみたい。

レセルピンは末梢性交感神経抑制薬

昔ながらの処方のなかにレセルピンと利尿薬の合剤があり、高齢者高血圧患者でうつ病の原因となっていることがあり注意を要する。

スポンサーリンク

コメント

  1. 門前皮膚科から、蕁麻疹の患者さんにアポプロン散が処方されています!なるほど納得です。ありがとうございます。

    bonbon:2013/4/6

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう
follow us in feedly

最新の記事

人気の記事

最近のコメント

検索

スポンサーリンク

リンク

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

タグ

治療薬一覧 検査値 調剤関連資料