更新日:2015年10月22日.全記事数:3,117件.

調剤薬局で働く薬剤師のブログ。薬や医療の情報をわかりやすく伝えたい。あと、自分の勉強のため。日々の気になったニュース、勉強した内容の備忘録。

記事

プロマックの亜鉛とキレート形成する薬


スポンサードリンク

亜鉛による薬物吸収阻害

プロマックの併用注意には、

1. 薬剤名等ペニシラミン製剤

臨床症状・措置方法同時に服用することにより,併用薬剤の効果を減弱するおそれがあるので,やむを得ず投与する場合には,同時に服用させないなど注意して投与すること。
機序・危険因子同時投与した場合,本剤が併用薬剤とキレートを形成し,吸収を低下させる可能性がある。
2. 薬剤名等レボチロキシンナトリウム

臨床症状・措置方法同時に服用することにより,併用薬剤の効果を減弱するおそれがあるので,やむを得ず投与する場合には,同時に服用させないなど注意して投与すること。
機序・危険因子同時投与した場合,本剤が併用薬剤とキレートを形成し,吸収を低下させる可能性がある。

メタルカプターゼ、チラーヂンとの相互作用に注意するよう記載がある。

それ以外にも注意すべき薬がある。

ペニシラミンや甲状腺ホルモン製剤(レボチロキシンナトリウム水和物)は、消化管内でZnと容易にキレートを形成する。

これらの薬剤とZn含有製剤(ポラプレジンク)や牡蠣肉エキスなどの健康食品を同時服用すると、吸収が低下し薬効が減弱する可能性があるため、同時服用禁忌である。

ビスホスホネート系薬、テトラサイクリン系薬、キノロン系薬、セフジニルなどもZnとキレート形成すると考えられるため、Zn含有製剤との同時服用は避ける。

やむを得ず併用する場合は、服用間隔を2時間以上空けるように指導する。

参考書籍:薬の相互作用としくみ

スポンサードリンク

コメントを書く

カテゴリ

プロフィール

IMG_0670
名前:yakuzaic
職業:管理薬剤師
出身大学:ケツメイシと同じ
勤務地:さくらんぼ県
好きな言葉:「三流の自覚持って社会人失格の自覚持ってプロの仕事しましょう」
follow us in feedly

人気の記事

最新の記事

ランダム記事

検索

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

お気に入りリンク

添付文書(PMDA)
Mindsガイドラインライブラリ
健康食品の安全性・有効性情報
管理薬剤師.com
DIオンライン